りつはる、目の前で2人と愛しい思いの口づけを交わしあえたような、超ハッピーでポップでラブラブなライブだった。 「アニソン・ゲーソンサミット『電脳DIVE Vol.10』」りつはる with # エロティック大島


赤羽ReNY alphaを舞台に定期的に開催中のイベント、「アニソン・ゲーソンサミット『電脳DIVE』」。第10回目となるイヘント「アニソン・ゲーソンサミット『電脳DIVE Vol10.』」が、9月4日(日)に行われた。出演したのは、太田家・りつはる with # エロティック大島・ガールズフィスト!!!! GT 南松本高校パンクロック同好会・夜道雪・YURiKA・福原香織・いとうかなこ・Sprout!!!・Coeur à Coeurの9組。その中から、ここではりつはる with # エロティック大島
のライブの模様をお届けします。

りつはる with # エロティック大島

立夏-Ricca-と大島はるなによるゲーソンシンガーツインズユニットとして活動中の『りつはる』。この日は、#エロティック大島というバンドを従えてのライブ。冒頭から2人は分厚いバンド演奏を背景に、感情のアクセルをベタ踏みしながら、沸き立つ思いを力強く解き放っていた。2人の息のあったコンビネーションも、互いに長い時間を重ねてきたからこそ生み出せる魅力。『解放の日』のタイトルではないが、2人とも心の扉を大きく広げ、沸き立つ思いをフロアにいる人たちへ向け凛々しくぶつけていた。とてもロックなエナジーを覚えるライブだ。じっとなどしてられない。奮い立つ熱情を2人へぶつけずにいれない。

演奏はさらに熱と速度を上げ,『Zillion Zest』へ。2人とも、フロアではしゃぐ観客たちをキリリとした視線で見つめ、もっともっと熱狂がほしいんだろうと言わんばかりの姿で熱情した声をぶつけていた。 気持ちが嬉しく奮い立つ。何より、止めどなく沸き上がる2人の熱いエナジーに刺激を受け、理性がどんどん現実を消し去ってゆく。とても凛々しくてパワフルな、気持ちで挑みかかるユニットだ。激しい中でも、しっかりと声をハモらせるコンビネーションも最高だ!!

この日は、10カ月ぶりのライブ。立夏-Ricca-自身が10カ月ぶりのライブ復帰ということで、奮い立つ思いを抑えられずにいた。続いて披露したのが、ゲームのテーマ曲であり、新曲の『行こうfuture!』。2人のキラキラ輝く明るい歌声のハモりからスタート。とても爽やかな、青春の風を覚える楽曲だ。いつものエナジーあふれる姿から、少しだけモードを切り換え、2人はときめきを覚えながら、愛らしい姿で晴れた歌声を響かせていた。メンバーらの動きに合わせ、フロアのあちこちで大きく手を振る景色が誕生。彼女たちのパワーに心を引き寄せられた人たちが、無邪気に楽しんでいた。ときに背中合わせになりながら、ときめいた眩しい思いを、2人はフロア中にたっぷり降り注いでいった。

次にりつはるは、アニメ「ワガママハイスペック」の主題歌『ハイスペックDays』をプレゼント。この楽曲も、ノリノリで、押せ押せで、なまいきで、ほしがりで、ワガママガールズな、りつはるにピッタリの楽曲だ。ノリノリでアッパーな勢いをさらに盛り立てるように、ライブは最後の曲へ。

最後にりつはるが届けたのが、心を夢色に染め上げるキラキラしたドリーミーなポップチューンの『夢shiny star』。観客たちが2人と一緒に大きく手を振れば、「L.O.V.E りつはる」と熱いエールを送りあう場面も登場。みんなで心を晴れ渡らせ、一緒にドキドキした恋心を感じあっていた。2人が届ける熱くLOVERな感情が、#エロティック大島の演奏を介してさらに大きく華やかに膨らんでゆく。目の前で2人と愛しい思いの口づけを交わしあえたような、超ハッピーでポップでラブラブなライブだった。

PHOTO: 菊島明梨
TEXT:長澤智典

アニソン・ゲーソンサミット 電脳DIVE 10TH ANNIVERSARY(配信チケット)
https://muestation.mashup.jp/content_detail.php?id=3200

【出演】
いとうかなこ/福原香織/夜道雪/ガールズフィスト!!!! GT 南松本高校パンクロック同好会/
太田家/ Sprout!!!/りつはる with #エロティック大島/Coeur a Coeur/YURiKA

【アーカイブ公開】
ライブ生配信終了後~2022年09月18日(日)23:59
※期間内、何度でもご視聴可能です。

セットリスト
『解放の日』
『Zillion Zest』
『行こうfuture!』
『ハイスペックDays』
『夢色shiny star』

SNS
https://twitter.com/ritsuharu1201


Pick Up