New

『色々ありましたが、わたしはげんきです。母性本能と元気とバブみで世界を包めるようにがんばります。』ゆいざらす、ソロアイドルやまもとゆいとしてアイドル活動を再開!!。楽曲には、 箱庭の室内楽のハシダカズマも参加。最初の遭遇日は、5月13日だ!!


 保育士を目指すための学業が忙しくなり、2014年8月9日に恵比寿リキッドルームで行ったワンマン公演を持ってアイドル活動を卒業した、ゆいざらす。あれから約3年と8ヶ月、アイドルの世界から遠ざかっていた”ゆいざらす”が、本名の”やまもとゆい”としてアイドル界へ復帰することが知らされた。

「昔は小学生、10年前に会いたかった、様子のおかしい躁病系アイドル」をキャッチフレーズに、やまもとゆいは、これからソロアイドルとして活動を行う。嬉しいポイントが、黄色い衣装を身につけてきたこと。
やまもとゆいが人前に姿を現すのは、5月13日。場所は、DESEO mini with VILLAGE VANGUARD。詳細はまだ告げられてないが、やまもとゆいを軸に据えたイベントライブとして行われることは決まっている。彼女と縁のある人たちも出演するのか、まっさらな共演者たちとの中、ここから新しいアイドル像を作りあげる始まりの場としてゆくのか、今後の発表が気になる。

他にも、7月に1stシングル『よーい すとっぷ』の発売も告知になった。詳細は未定だが、収録曲として『よーい すとっぷ』(作詞:やまもとゆい/作曲:ハシダカズマ)と記されたように、ゆるめるモ!の楽曲を手がけている箱庭の室内楽のハシダカズマが作家陣に加わっているのが、とても興味深い。やまもとゆいとハシダカズマ氏が、どんな化学反応を起こすのか、とても気になる。
デビューライブのときには、1stシングルへ収録する楽曲も披露してくれるだろう。やまもとゆいの歌詞も含め、「緩そうに見えてかなりぶっ飛んだサイコポップな世界観が繰り広げられる」という話も漏れ聞こえているように、どんな表情が飛び出すのか、とても期待したい。
 
現状、まだまだ開示されている情報は限られている。これからも新しい情報が届き次第、やまもとゆいの動きをお伝えしていきたい。最期に、本人のコメントを記そうか。

『色々ありましたが、わたしはげんきです。
母性本能と元気とバブみで世界を包めるようにがんばります』

(やまもとゆい)

TEXT:長澤智典

やまもとゆい
HP:http://www.hvt-inc.com/yamamotoyui/
Twitter:@totemo_yuidayo

★LIVE情報★

【会場】DESEO mini with VILLAGE VANGUARD
【日時】2018年5月13日(Sun)
【時間】OPEN 18:30 START 19:00(予定)
【料金】前売 \2,000 当日 \2,500 ドリンク代別 \600
【問い合わせ】DESEO mini with VILLAGE VANGUARD

やまもとゆい
「昔は⼩学⽣、10年前に会いたかった、様⼦のおかしい躁病系アイドル」
10⽉29⽇⽣まれ
趣味:ゲーム(ドラクエ)・読書(百合漫画)
特技:⼈差し指と⼩指をくっつけることができる・フルート
数年の沈黙を破り、ソロアイドルとして再始動!渋⾕を拠点に活動予定。
BIOGRAPHY
2013年9⽉ ゆるめるモ!加⼊
2014年8⽉ ゆるめるモ!卒業
2018年5⽉ デビューライブ予定
2018年7⽉ 1st Single『よーい すとっぷ』(作詞:やまもとゆい / 作曲:ハシダカズマ)発売予定


関連記事

  1. ドレミ團/THE BEETHOVENのマコトとドレミ團のKENが手を組み誕生した怪人二十面奏。2人が…

  2. Starwave Recordsで一番人気な麺は誰なのか!?。3月29日新宿ReNYを舞台に「Sta…

  3. 『ヴィジュアル系の原点回帰』を掲げ、新バンド MIZTAVLA が遂に始動!!

  4. サイキックラバーのワンマンライブ、この日が事件になるかは参加者次第!!

  5. CANDY GO!GO!、4月8日のワンマン公演と最新シングル『HONEY TRAP』を通し、垣根を…

  6. 伝説のAV女優,小室友里。 一人の女性として「自分宣言」をしたミニアルバム『音返し-ONGAESHI…

  7. 俺が祝わずに誰が祝う!!ヴィジュアル系バンドMisarukaのイケメンヴォーカリストrui、3月3日…

  8. UNDER FALL JUSTICEのMV『ナイフ』は、La’MuleのMV『ナイフ』へ…

取材/掲載依頼はこちら

twitter