New

かなでももこインタヴュー


アニメやゲームの音楽イベント制作からマネージメントまで、マルチなエンターテイメント企業「マッシュアップエンターテイメント」が3月17日(土)吉祥寺CLUB SEATAを舞台に、所属アーティストたちを一堂に会したイベント「LIVE MUE STATION」を開催する。記念すべき第一回目には、かなでももこ/藤崎結朱/太田彩華/voyagerと、所属4組のアーティストが登場。
 「LIVE MUE STATION」は、各アーティストが持ち時間内でライブを行うイベント形式ではなく、1本のライブの中、出演者が1-2曲歌っては、次の歌い手とトークを繰り広げながら舞台を繋いでゆくリレー形式で行われる。出演者たちが、1本のライブの中へ何回登場するのか。誰が、どのアーティストに歌のバトンを繋げば、バトンを手渡す中、どんなトークを繰り広げるのか、いろんな楽しみが詰め込まれている。

今回、「LIVE MUE STATION」側より、事前に以下の楽曲歌唱が発表になった。
かなでももこ/『赤いメモリーズをあなたに』
藤崎結朱/『Dimension sky』
太田彩華/『命の花』
voyager/『ジードの証』
全員コラボ曲/『キボウノカケラ』(voyager)

 事前に告知された情報も含め、どんなめくるめく楽しいライブを繰り広げてゆくのか。以下へ、出演者たちの声を伝えたい。さっそく、4組の出演者たちのインタヴューをお届けしよう。

かなでももこ

今まで所属アーティストが(一人)ぼっちだったのに、ここ最近で一気にたくさん所属アーティストさんが増えました。まさに、女子率の高い華やかな感じですよね。

――マッシュアップエンターテイメント主催によるイベント「LIVE MUE STATION」が、このたび立ち上がりました。
かなで 今まで所属アーティストが(一人)ぼっちだったのに、ここ最近で一気にたくさん所属アーティストさんが増えました。その環境の変化に、わたし自身、正直ビックリしています。
――所属アーティストのみなさん、とても華やかですよね。
かなで そうなんです!!。中には、voyagerのTAKERUさんが唯一の男性アーティストとして所属していますけど、基本的に女子率の高い華やかな感じですよね。
――その華やかさに惹かれます。
かなで ありがとうございます。
――この仲間たちと同じステージに立ってライブを行うこと、かなでさん自身も楽しみにしているんじゃないですか。
かなで そうなんです。事務所のみんなだけで、しかも所属アーティストたち全員が一緒のステージに立つのは今回が初めてなので、どんなイベントになるのか今から楽しみです。
――所属メンバーのみなさんとのステージでの共演経験は…。
かなで 藤崎結朱さんと太田彩華さんとは、それぞれにステージで共演したことはあるんですけど。4組一緒にというのは今回が初となります。とくにvoyagerさんとは、今回が初ライブ共演になるから楽しみです。

かなでももこさんから見た、voyagerとは…。

――同じ事務所の仲間たちの魅力も、ぜひ紹介してください。
かなで voyagerさんは所属して間もないので、そこまで深く交流が出来ていません。わたし自身、これから始まるリハーサルや本番当日を楽しみにしているところです。
ただ、voyagerのメンバーである瀬下千晶さんとは、瀬下さんが『NOeSIS』ナンバーをソロで歌っていることもあって、『NOeFES』で一度共演しています。お二人とはこれから関係性を深めてく間柄と言いますか、「LIVE MUE STATION」を通して、お二人のことをもっといろいろ知りたいです。

かなでももこさんと太田彩華さんとの関係性は…。

――太田彩華さんとは、付き合いも深い間柄ですよね。
かなで 太田さんは、事務所へ所属する前から、わたしも楽曲制作をしているチームの中で活動されていたこともあり、太田彩華さんが『NOeSIS』第三期シーズンのテーマ曲『命の花』を歌いマッシュアップエンターテイメントへ所属する前から、何かしらお会いする機会のあった人なんですね。しかもわたし、活動当初から彼女のライブ姿を見ていたり、デビュー曲の『命の花』を『NOeFES』を通して初生バンド披露したときも見ていました。
あのときの思い出としては、太田さんがすっごく緊張していたから、舞台袖で彼女の手を握って「頑張れ、頑張れ」とエールを送っていたこと。太田さんは、わたしのことを「先輩」として親しみを持って接してくれるので、わたしも太田さんには何時も親しみを感じてます。
――太田彩華さんは、昨年12月に行ったかなでさんのライブでもオープニングDJを担っていましたよね。
かなで そうなんです。太田さんは、デビュー曲『赤いメモリーズをあなたに』を歌った頃から、わたしのことを知ってくれていたんです。お互い出会ったのは昨年になるんですけど、太田さんは、わたしの歌ってきた楽曲や、わたしが歩んできた流れを全部知っててくれている人。だから、すっごく心強いです。
――先輩として、しっかり面倒を見ているとも聞いてますよ。
かなで どうなんでしょう。今は、現場で一緒になることが一番多いんですけど。太田さんが「こういう経験、今回が初めてになるから不安です」と言うたびにわたしを頼りにしてくれてるのかなと感じることもあるので、同じ事務所の先輩であるわたしが側にいることで彼女自身の心の支えになれればなと思ってるんですけど。同時に、わたし自身「もっももっと先輩らしくしなきゃ」という気持ちにもさせられます。

かなでももこさんから見た、藤崎結朱さんの印象は…。

――続いては、藤崎結朱さんの印象を教えてください。
かなで 藤崎結朱さんと初めて共演したのが、わたしがまだデビュー前、100回挑戦ライブを通して、よくライブで『赤いメモリーズをあなたに』と『Can you save my heart?』を歌っていた頃なんです。藤崎さんにお会いしたときに「初めまして」とご挨拶をしたら、「わたし、会ったことあるんです」と言われて「えーっ!!」となった、そんな関係です(笑)。
――本当に、活動初期の頃になりますよね。
かなで そうなんです。それが、気づいたら同じ事務所の仲間になっていたので、「おー,これは奇遇だねぇ」という関係です(笑)。
じつはマッシュアップエンターテイメントを設立する前から、藤崎結朱さんも同じグループ内へ所属しマネージメントを受けていたように、その頃から知った仲ではありました。その後マッシュアップエンターテイメントが生まれ、こうやって同じ事務所の仲間になれたのが嬉しいんです。形としては、わたしがマッシュアップエンターテイメントの一人目の所属アーティストにはなりますが、キャリア面では藤崎さんのほうが先輩だから…。でも、同じ事務所ということで「同志」という関係で一緒に歩み続けたいなと思っています。
――同志という関係性が素敵ですね。
かなで わたしも、そうなれたらなと思っています。藤崎さんとは、同じイベントの共演者という経験はあるんですけど。今回のように、一緒にイベントを作り上げる関係は「LIVE MUE STATION」を通してが初めてになるから、とても楽しみにしています。この日は、他の仲間たちともイベントを通してマッシュアップエンターテイメントチームの絆をしっかり生み出していきたいなと思っています。

登場する人たちどうしでしゃべる形になるよう、それぞれの組み合わせの中、どんな会話が繰り広げられるかも楽しみにしてて欲しい。

――マッシュアップエンターテイメントの所属アーティストたちが出演する「LIVE MUE STATION」、このイベントのスタイルが「1曲-2曲歌っては、次の歌い手へバトンタッチしながら次々とリレー形式て進んでゆく」、かなでさんがやっているイベント「LIVE AND」と同じスタイルなんですね。
かなで そうなります。どういう順番でみなさんが登場するのかは、当日のお楽しみにしていて欲しいです。
――かなでさん自身、そのスタイルはいろいろ経験してるから、流れはばっちりつかめているんじゃない?
かなで そうですねぇ…そうだと思います(笑)。今回も、次のシンガーの方へ歌のバトンを手渡す間にトークを挟む形なんですけど。「LIVE AND」だとMCの方がいますが、今回はMCがいないんです。つまり、登場する人たちどうしでしゃべる形になるので、それぞれの組み合わせの中、どんな会話が繰り広げられるかも楽しみにしてて欲しいなと思います。
――かなでさんも…。
かなで わたしも、みなさんとのトークを楽しみにしています。
――最後には、全員でのトークもありますからね。
かなで まだ、深くお話をしたことのない方もいるので、そこで、どんな会話が生まれるのかも楽しみです。
――「LIVE MUE STATION」は歌のみを楽しむのではなく、今回はリレートーク形式のもとトークでも互いに絡めば、お互いの関係性を通したコラボレートも味わえるように見どころ満載ですよね。それぞれのキャラクター性もいろいろ見えそうだから楽しみです。
――最後の全員トークは、とても華やかになりそうです。そのときは、かなでさんが中心になってトークを引っ張っていくのでしょうか??。
かなで いやいやいや、いやいやいやいや…いやいやいやいやいや(笑)。やっぱ、そこは経験値の面でもvoyagerさんじゃないですか。わたしは、おとなしくついていきます(笑)。
――でも、マッシュアップの事務所の中では一番先輩じゃないですか。
かなで いやいやいやいや、もう今となっては(笑)。

TVアニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」の4thエンディングテーマだった『赤いメモリーズをあなたに』は外せないですからね。

――今回のライブで、かなでさんは『赤いメモリーズをあなたに』を歌うと発表しています。この歌は、かなでさんの始まりを告げた歌であり、ご自身の顔となる楽曲ですよね。
かなで ワンマンと違い、とうしても歌える曲数は限られてしまいます。だからこそ、かなでの代表曲としてTVアニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」の4thエンディングテーマだった『赤いメモリーズをあなたに』は外せないなと思います。
――今回は、『NOeSIS』関係の繋がりの方も多いように、その辺の曲たちも楽しめるのかなと期待しています。
かなで そうですねぇ。わたしはもちろん、太田さんも藤崎さんも、voyagerの瀬下さんもソロとして『NOeSIS』で楽曲を歌っていますからね。わたしの場合、『NOeSIS』シリーズの曲たちも代表曲になりますので、何かしら歌おうと思っています。そこは、何を歌うのか想像を膨らませていてください。
――かなでさん自身、振り幅広い表情を持っていますからね。
かなで だからこそ、限られた時間の中とはいえ、振り幅広く楽曲を聞いてもらえるように選曲していきたいなと思っています。
――今回の盛り上がり次第では、定期的にイベントも開催していくのでしょうか?
かなで ぜひ、そうしたいです。同じメンバーでも、また違う楽曲を歌い、異なる内容で構成することも出来ますからね。今回、ライブの最期に全員でvoyagerさんの『キボウノカケラ』を歌うことを発表していますけど。みんなの持ち歌をイベントごとに順番で歌えたら、最低でも4回は続けられるじゃないですか。今後、さらに新しい仲間が入ってきたら、もっと回数多く出来ますからね(笑)。
――改めて、今回の「LIVE MUE STATION」の見どころをお願いします。
かなで まったく違った個性を持った4組が、同じチームの仲間として一つのステージに立つ姿は、他のイベントやフェスではなかなか見れないスタイルだと思います。訪れた人たちにアットホームな気持ちでライブを楽しんでもらえるように、私たち全員頑張ります。
イベントの見どころは、それぞれが自分のパートをしっかり頑張ったうえで、次の出演者さんへバトンを繋いでゆくところ。最期に全員でセッションを行うのも、事務所イベントならではの醍醐味だと思います。

これまで応援してくださった方々への感謝の気持ちや新たの出会いの場として、かなでももこのバースデーライブへみなさんを「無料で御招待」します。

――かなでさん、4月11日に開催になる、賞金総額300万円をかけたライブバトル「L-1グランプリ」へ出場するんですね。
かなで そうなんです。これまでのわたしは、トーナメントやグランプリなどのチャレンジには無縁でした。そんな折り、昨年12月にわたしのデビュー4周年ライブを渋谷REXさんでやらせていただいたのをきっかけに、渋谷REXの方に「L-1グランプリ」へのお誘いをかけていただきました。わたしの性格上、すぐに「うん」とは言わないとスタッフさんは判断したようで、先にバンドメンバーのスケジュールを調整。わたし自身、大きな成長のきっかけを作れた、いとうかなこさんとのツーマンライブを終え、気持ちがより飛躍を求めていたからなんでしょうね、「参加できる準備は整ったけど、どうする??」とスタッフさんがわたしに意志確認を求めてきたところ、「やります」と答えられました。
わたし自身、「今は、今年デビュー5周年へ向け、もっともっとかなでももこのことを知ってもらいたい」意志を強く持っています。その想いをたくさんの人たちに伝えたい想いから、参加を決めました。もしグランプリを取れたら、その成果が応援してくださるみなさんへの恩返しになると思いますし、もし賞金を獲得できたら、楽曲やMVの制作に当てながら、かなでの活動を形に変え、みなさんへお届けしたいなとも思っています。
――「海外旅行に行きます」とか言わないんですね。
かなで それはないです。もし賞金を手に出来たなら、応援してくださるみなさんへ、まずはしっかりお返し出来ることへ使いたいです。
――6月23日(土)には、Mboxxを舞台に「momoko’s birthday 誘わnight楽しまnight~大好きだらけの舞踏会へのご招待~」を無料で開催します。無料とは、なんて太っ腹なことか…。
かなで わたし、バースデーライブは毎年いろんなことをさせていただいてます。一年目はキングレコードさんの楽曲をたくさんカバーさせていただきました。二年目は、誕生日当日に「KING SUPER LIVE」への出演があったことからバースデーライブはお休みしたのですが、三年目にはKING SUPER LIVEで出演者さんたちが披露していた楽曲を、わたしがバンド演奏を背景に歌うことをやりました。四年目は、ギターとキーボードという編成のもと、ディナーショー形式のアコースティックライブを行いました。今年は、12月に5周年を迎えることから、そこへ向けての弾みをつけるのと、これまで応援してくださった方々への感謝の気持ちや新たの出会いの場を作ろうと、みなさんを「無料で御招待」しようと決めました。
ただし、今回は無料開催ということで、トラックをバックに一人で歌います。心細い誕生日にはしたくないので、是非みなさん足を運んでください。今回は距離感の近い中、暖かい感じのライブにしていきます!!

【LIVE MUE STATIONいよいよ開催迫る!】

ウルトラマンシリーズ主題歌やTVアニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」
4th EDテーマ、TVアニメ「ナゾトキネ」OP主題歌、
ゲームアプリ「NOeSIS」シリーズ主題歌等、
マッシュアップエンターテイメント所属の
voyager、かなでももこ、藤崎結朱、太田彩華の楽曲をたっぷりつめこんだスペシャルライブ!

3月17日(土)開催「LIVE MUE STATION」出演者全員の代表曲を公開しました!
当日はトークあり、コラボ曲もあり、是非ご来場ください!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
かなでももこ:赤いメモリーズをあなたに
藤崎結朱:Dimension sky
太田彩華:命の花
voyager:ジードの証
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また、LIVE MUE STATION開催に先駆け、出演者全員参加によるチケット販売&サイン会開催!
購入されたチケットに出演者全員のサインを入れさせていただきます!
詳細はこちら:http://paselabo.tv/news.php?id=23

【サイン会概要】

日程:3月4日(日) 
時間:19:00~20:00
会場:パセラリゾーツ銀座店2F「ガムランボールロンボク」 
会場アクセス:https://www.pasela.co.jp/shop/ginza/gamran_ball/ 
出演:voyager・かなでももこ・藤崎結朱・太田彩華・※順不同

3月17日(土)開催「LIVE MUE STATION」のチケット購入者様がご参加可能です。
チケット券面に出演者がサインをさせていただきます。
また、サイン会当日にも前売チケットを販売いたしますので、事前に購入されなくてもご参加いただけます。

【注意事項】
※開催15分前「パセラ銀座店1F店頭」へ集合をお願いいたします
※当日は、入場・整理番号抽選を行わせていただきます
※サインは整理番号順に行わせていただきます
※サインは3月17日「LIVE MUE STATION」のチケットに対してのみとなります
※お1人様チケット1枚に出演者全員のサインをいれさせていただきます
※チケット以外の販売はございません
※ハイタッチ、握手その他サイン以外の特典はございません
※開催時間、出演者などに変更がある場合、Twitterなどで告知させていただきます。
※会場スタッフの指示に従ってください

チケット購入はこちら:https://www.funity.jp/live-mue-station/


関連記事

  1. Mystic Mode インタヴュー

  2. 「勝ち負けのない世界で生きる意味は見出せるか」。南るみが、今の想いを詰め込んだ1stミニアルバム『そ…

  3. 日本語/韓国語/中国語を話せけるメンバーたちが詰まったグローバルユニット、Cometとは!?

  4. CANDY GO!GO!、『禁断relation〜ゲスLOVE〜』を通しゲスな不倫心を絶叫!!

  5. 最狂のサブカル乙女タルなロックバンドFullMooN、アルバム『Ancient MooN』について封…

  6. 大阪で活動中、小さな個性的な花、Little Brossomの魅力を大解剖インタヴュー!!

  7. 私たちのアイドル人生をここで終わらせたくはないので、みなさん是非ついてきてください。

  8. CANDY GO!GO! アルバム『IDOROCK』全曲解説インタヴュー

取材/掲載依頼はこちら

twitter