New

目の前にいるみなさんと私たちが一緒に笑っていられることが一番大事。辞めるなんてもう言わないから!!大阪BIGCATでのワンマン公演上で、ミライスカートがファンたちと熱い未来への誓いを指切り!!


繝溘Λ繧、繧ケ繧ォ繝シ繝亥・逵・S__5079083 2015年5月にミライスカートはホームグラウンドである地元KYOTO MUSEを舞台にメジャーデビューを賭けた初のワンマンライブを行い、会場をSOLD OUT!!。350名以上の動員を記録し、デビューの夢をつかんだ。その後も、『COSMOs SPLASH』『千年少女~Tin Ton de Schon~』と2枚のシングルをリリース。あれから1年後となる5月8日(日)、ミライスカートは大阪BIGCATを舞台に、自身最大規模、通算4度目となるミライスカートワンマンライブ「ひたむきにTin Ton de 大猫(ニャン)〜愛でたし芽でたし千年の音~」に挑戦した。
繝溘Λ繧、繧ケ繧ォ繝シ繝亥・逵・58繝ッ繝ウ繝槭Φ_6461
 開場時には,DJねこさん(a.k.a 相谷麗菜)が登場。「一緒に叫んでくださいね」など、みずから煽りながら、PerfumeやDorothy Little Happy、ももいろクローバーZ,YUKI、椎名林檎などの曲たちを軽快な繋ぎを見せながら。時には「CHOCOLATE!」「DISCO!!」のやり取りも交わしつつ、DJねこさんはご機嫌なアイドル/ガールズナンバーの数々をプレイし、場内を熱狂で彩っていた。
繝溘Λ繧、繧ケ繧ォ繝シ繝亥・逵・58繝ッ繝ウ繝槭Φ_1334
ライブの幕開けを飾ったのが、彼女たちが活動初期から大切に歌い続けてきた、はんなりポップナンバーの『未来ノート』。ふんわり流れるエレクトロポップなビートの上で、4人は軽やかに歌い踊ってゆく。「なんてたって」「NO.1」や「ミラッ×4!!」の掛け合いもミライスカートのライブではお馴染みの風景。凛々しく、力強く『メグリメグル』を歌う4人。客席には、早くも熱い絶叫が飛び交っていた。4人は挑発的な声色を持って『ハンナリ☆スター』を歌いかけてきた。はんなりと言いながらも、とても切れ味鋭い動きをこの日は見せていた。それだけ気合いが歌声や動きに反映されてたということだ。

「今日は史上最強のライブにしていきます」(林奈緒美)の気合いの言葉が、この日の4人の気持ちを現していた。
繝溘Λ繧、繧ケ繧ォ繝シ繝亥・逵・58繝ッ繝ウ繝槭Φ_3404
『コ・イ・ハ・カ・プ・チ・ー・ノ』は、ミライスカート流はんなりEDMナンバー。ビターで刺激的な演奏なのに、4人の歌声はちょっぴりの甘さを持って胸に響いてくる。そのアプローチに、胸がキュンと疼かされた気分。一転、妖しい香り満載でディスコティックなEDMナンバー『ギ・ミ・ユ・ラ』を4人は突きつけた。何処か悪女な面も見せながらファンたちを挑発、大人の色気醸しだす表情もミライスカートの隠れた一面を覗き見たようで嬉しい刺激だ。
繝溘Λ繧、繧ケ繧ォ繝シ繝亥・逵・58繝ッ繝ウ繝槭Φ_8565
ソロコーナーの最初に登場したのが、リーダーの児島真理奈。彼女はシンセドラムを演奏。『ミーゴ!ゴミーゴ!』のリズムに合わせ、軽快に、疾走感満載でドラムを叩き続けてゆく。途中では、バスドラをキックしリズムをキープしながら、観客たちを煽っていた。「処理どーすんの」「俺がするー」のやり取りに続いてメンバーを呼び込み、ふたたび演奏は『ミーゴ!ゴミーゴ!』へ。何時もは4人で歌うが、児島真理奈はずっとドラムを演奏。何時も以上に躍動的なビートを重ね、かなり怪しくもダンサブルな楽曲へ昇華させていた。
繝溘Λ繧、繧ケ繧ォ繝シ繝亥・逵・58繝ッ繝ウ繝槭Φ_4573
キラキラとした旋律が場内にスプラッシュ。デビューシングル『COSMOsSPLASH』に4人は飛び乗り、満面の笑顔浮かべながら観客たちを煽りだした。大きくステップ踏みながら歌う姿の、なんてダイナミックだったことか。その熱へキラキラを倍加させるように歌ったのが『鉄則Aライン』。林奈緒美と橋本珠菜がセンターステージで、児島真理奈と相谷麗菜が舞台上からファンたちをキュートに煽ってゆく。観客たちも4人の煽り声に合わせ、その場で無邪気に飛び跳ね続けていた。まばゆいHAPPY感が、とても心地好い!!。誰もが「オッオオオッオー!!」と舞台上のメンバーらに声を届けていた気持ちも納得だ。

この日は映像も加えながら、メンバーらが「京都の治安を守る戦士ミラレンジャー」に扮した舞台劇も実施。敵として現れたBIGCATを倒そうとミラレンジャーは立ち向かうが、敵があまりにも巨大過ぎて心がへこたれ、敵を前にして逃亡。だが、BIGCATを倒すと未来への切符が手に入ることから4人はふたたび団結。キラキラ輝くダンスポップナンバー『キラ☆ヒラ♡レボ★エボ』を武器に、見事にBIGCATを倒し、未来への切符を手に入れた。そのチケットに記されたのが、京都METROでの公演と東京でのワンマンライブの告知。この物語を作ったのが、メンバーの林奈緒美。コミカルに仕上げながらも、しっかりドラマチックな物語を作りあげた手腕は、さすがだ。

「これからも同じロケットに乗って一緒に未来へ行きたいと思います」(橋本珠菜)の声に続いて歌われたハートフルな『Rocket Love』。妖艶なムード携えた歌謡ダンスポップ曲『1秒前のシンデレラ』でも、まばゆいライトに照らされながら、4人は舞台上のシンデレラとして輝きを放っていた。
繝溘Λ繧、繧ケ繧ォ繝シ繝亥・逵・58繝ッ繝ウ繝槭Φ_4584
 ここからは、年下チームのソロコーナーへ。B-GIRL STYEを身につけた橋本珠菜が披露したのは、躍動的なHIP HOP DANCE。何処かボーイシュな雰囲気も醸しながら、彼女はダイナミックなダンスを見せてくれた。「何時もなら照れくさくて言えないことを歌います」。林奈緒美は、ギタリストのゆあさまさやをパートナーに迎え、アコースティックスタイルで歌を披露。届けたのが、斉藤和義の『歌うたいのバラッド』。しっとりとしたギターの旋律に乗せ、歌詞のひと言ひと言を噛みしめながら、気持ちの赴くままに彼女は歌いかけてきた。「本当のことは歌の中にある」。彼女がミライスカートの中で歌い続ける理由が、その曲には詰め込まれていた。
繝溘Λ繧、繧ケ繧ォ繝シ繝亥・逵・58繝ッ繝ウ繝槭Φ_8258
 終盤を彩る舞台は、儚さや切なさも香らせたバラートの『Melody』からふたたび幕を開けた。今にも壊れそうな切々とした歌声へ触れているうちに、感情が潤う感覚も。なんて心泣かせる歌だろう。
「今日を迎えるまで4人それそれ悩んだこともありました。でも、ここに来てくださったみなさんのおかげで笑顔になれました。夢を持っているから…それは、この4人だからこそ叶えられる夢だし、みなさんと一緒に叶えたい夢です。これからも一緒に夢を観続けましょう。おねがい」
相谷麗菜の告白に続いて『おねがい』が流れだした。ファンたちへ「一緒に居続けてね」という想い告げたこの歌を、ファンたちを前に、感謝の想いも込めながら4人は歌いかけてきた。4人のファンたちに対する告白を、誰もが両手を大きく広げしっかり心で受け止めていた。
ライブは、1stシングルの表題歌『ナモナイオト』へ。センターステージ上で、大勢のファンたちを目の前にしながら4人は歌いかけてきた。彼女たちの想いへ、熱い声を張り上げ想いを返してゆく大勢のファンたち。これからも一緒に歩き続けたい、まだ見えない光を彼女たちと一緒に観てみたい。あの場で彼女たちとファンたちは、熱狂のエールを交わしながら、未来へ一緒に走り続ける約束の指切りをしていた。
最後に届けたのが、最新ナンバーの『千年少女~Tin Ton de Schon〜』。キラキラ弾ける楽曲へ、誰もかメンバーと一緒に飛び乗り、時空さえ飛び越える勢いではしゃぎ続けていた。彼女たちに触れていると、どんな未来だって輝きに変えていける気になれる。自分だって、輝ける場所があるんだと信じていける。何故なら、それを目の前で証明しているのが、ミライスカートの4人なんだもの。
繝溘Λ繧、繧ケ繧ォ繝シ繝亥・逵・58繝ッ繝ウ繝槭Φ_7684
 「ここへ来るまで悩むことも多かったけど、ここに立って、4人はミライスカートとして、いろんな景色を見たい夢を持って立っているんだなと改めて思いました。もっともっと夢を見続けていきたいです」(相谷麗菜)
「この日を迎えるまでにも悩むことはいっぱいあったけど、みんながいてくれるから頑張れたし、限界なんかないと思えたし、この4人なら何処までだっていける気がする。みんなにも、ミライスカートには無限の可能性があると信じてくれるように頑張りたいです」(橋本珠菜)
「ある時期「昔みたいな輝きが無くなったね」と言われることが増えて、自分で何をやっているのかわかんなくなって、本気で「辞めます」とスタッフさんに言ってたんです。自分では、なんで輝きを無くしたのかわかんなくて。でも、4人とも輝きを無くしたなんて思っていなくって。だけど、そう言われることが多くて…。それを言われることが悔しくて…。今まで何をやってきたんだろうってすごく思って。だから、みんなの前でも「辞めます」と言ったら、みんなが「4人じゃないと駄目だから」と泣ながらズーッと言ってくれてて。それでわかりました。目の前にいるみなさんと私たちが一緒に笑っていられることが一番大事だなって。私、何もしてないまま終わるのは嫌なんです。今持っている目標のZeppに立ちたいんで、私、辞めるなんてもう言わないから」(林奈緒美)
「私も小さい頃からアイドルになりたくて。でも、ほとんどオーディションに落ちてたんですけど。だけど、自分はアイドルになれないと思うのがすごい嫌でした。でも、ある人との出会いからミライスカートに入ることになりました。入ったら、つらいことや嫌なこともいろいろありました。でも、このステージに立ってミライスカートに出会って本当に良かったなと思ったし、あきらめずに頑張ってきたから、神様がミライスカートという場所をくれたのかなと、今、幸せに思っています。これからも4人で進んでいきたいし、日常の嫌なことを全部忘れられる場所にミライスカートのライブがなれるように、これからもミライスカートの応援よろしくお願いします」(児島真理奈)

「これからもファンのみんなと一緒に同じ未来へ進みながら輝いていけますように」。相谷麗菜の言葉を受け、最後に届けた『Beautiful Days』。「美しい青春に傷一つないわけない」という歌詞通り、4人はこれからも何度だって挫けそうになるだろう。でも、胸に秘めた未来への鼓動が鳴り止まない限り。彼女たちの夢に、同じ未来図を投影する仲間が居続ける限り、ミライスカートの未来には光が降り注ぎ続けていく…そう思いたい。そんな気持ちにさせてくれた、明日を見つめた素敵なライブだった。
繝溘Λ繧、繧ケ繧ォ繝シ繝亥・逵・S__5079065
最後に。この日ミライスカートから嬉しいニュースが二つ届けられた。一つ目が、ミライスカートが定期公演を行い続けてきた原点の地、京都METROを舞台に、ミライスカートお披露目2周年公演「3年目もGive Me Your MIRA!!」を6月26日(日)を行うこと。この日のチケットは、かなりの争奪戦となりそうだ。
二つ目が、7月10日(日)TSUTAYA O-nestを舞台にミライスカート東京初ワンマンライブ「京より舞うは山百合の音」(昼夜二回公演)の開催だ。現在、東京ではAKIBAカルチャーズ劇場を舞台に、はんなり定期公演「宜しくお頼申しますぅ。」を実施中。毎回多くのファンたちが押し寄せているように、こちらのチケットも争奪戦になるだろう。

結成から間もなく2周年目を迎えるミライスカート。彼女たちが心に抱く未来図は、ナモナイオトとしてどんどん近きだしている!!4人の輝く未来が楽しミラッ!!

PHOTO:shinz                                       
TEXT:長澤智典

―セットリスト―
-overture-
『未来ノート』
『メグリメグル』
『ハンナリ☆スター』
MC
『コ・イ・ハ・カ・プ・チ・ー・ノ』
『ギ・ミ・ユ・ラ』
『ミーゴ!ゴミーゴ!』(児島ドラム演奏)
『ミーゴ!ゴミーゴ!』
『COSMOsSPLASH』
『鉄則Aライン』
-ミラレンジャー映像-

『キラ☆ヒラ♡レボ★エボ』
劇~MC
『Rocket Love』
『1秒前のシンデレラ』
MC
橋本珠菜ソロコーナー(ダンス)
林奈緒美ソロコーナー(『歌うたいのバラッド』)
『Melody』
MC
『おねがい』
『ナモナイオト』
『千年少女~Tin Ton de Schon〜』
-ENCORE-
『Beautiful Days』

ミライスカート Web
http://www.miraiskirt.com/
ミライスカート twitter
https://twitter.com/miraiskirt
ミライスカート Instagram
https://Instagram.com/miraiskirt/
ミライスカート公式YouTube
https://www.youtube.com/user/miraiskirt
児島真理奈 twitter
https://twitter.com/miraiskirt_km
相谷麗菜 twitter
https://twitter.com/miraiskirt_ar
林奈緒美 twitter
https://twitter.com/miraiskirt_hn
橋本珠菜 twitter
https://twitter.com/miraiskirt_hj

★LIVE情報★

①タイトル:ミライスカートお披露目2周年公演「3年目もGive Me Your MIRA!!」
日程:2016年6月26日(日)
会場:京都METRO
時間:OPEN 14:00 / START 14:30(16:00終演予定)
※1回公演です
料金:前売 2,000円 / 当日 2,500円(ドリンク代別)
チケット販売日:5月21日(土)から一般販売開始
・e+
・ローソンチケット(Lコード:56256)

②タイトル:ミライスカート東京初ワンマンライブ「京より舞うは山百合の音」
日程:2016年7月10日(日)
会場:TSUTAYA O-nest
時間:
[1部]OPEN 12:00 / START 12:30(14:00終演予定)
[2部]OPEN 17:00 / START 17:30(19:00終演予定)
※2回公演です
料金:前売 2,500円 / 当日 3,000円(ドリンク代別)
プレイガイドチケット販売日:6月4日(土)から一般販売開始
※5月21日(土)〜5月29日(日)e+にてプレオーダー先行受付開始
手売りチケット販売日:5月16日(月)@AKIBAカルチャーズ劇場定期公演から販売開始
※入場順は手売り→プレイガイド先行→プレイガイド一般


関連記事

  1. ガールスイベント「ヒップ☆アタック☆パニック!!」TSUTAYA O-WEST公演をレポート!!

  2. これからも前を向いて突き進む。umbrellaが、TSUTAYA O-WEST公演で仲間たちと約束し…

  3. 11月23日にワンマン公演を行うReFrain ReFrainって、どんなバンド!?。その質問の答え…

  4. d-girlsが、TSUTAYA O-EASTを舞台に4周年単独公演を実施。来春に赤坂BLITZワン…

  5. CANDY GO!GO!、満員の主催イベントで,永瀬りかの正規メンバー昇格を発表。次は、8月26日・…

  6. CANDY GO!GO!メジューデビューシングル『overdrive/大切なお知らせ』が、オリコンデ…

  7. 新生Scarlet Valse、結成6周年ワンマン公演の舞台で手に入れた未来へ羽ばたくための黒い翼!…

  8. 吉田山田ツアー2017スタート!そして11月1日(水)発売の5thアルバム『変身』新ビジュアル&収録…

取材/掲載依頼はこちら

twitter