New

10年ぶりに一夜限定復活したMASKが描き出した狂騒劇!!超満員のZEPP TOKYOが絶叫と熱狂と逆ダイに支配され、壊れてゆく…。


!cid_68137E73-24E6-4233-9220-D4C7E69EDF36
2006年5月1日、ZEPP TOKYO。悲しみに暮れる2千人を越すファンたちの嗚咽と絶叫を身体中に染み込ませながら、「卒業(解散)」という言葉を持ってMASKは活動を止めた。当時、ヴォーカルの尽(HERO)は、まだ10代だった。リーダーの未散は、この日を最後に表舞台からは姿を消してしまった。
時の流れは、様々なドラマを生み出してゆく。解散後、メンバー全員が音楽に携わり続けてきたからこそ「有り得ないこと」が「現実」にもなる。

10年の歳月を経て…。10年後となる2016年5月1日にMASKは、ZEPP TOKYOを舞台に「一夜限りの復活」ライブを行った。MASKは、第一期/第二期メンバーという2つの形態を持って活動してきたバンド。その2つのスタイルをこの日披露することから、かつてMASKに熱狂してきたMASKER(ファン)たちは、その事実を知ったときから、この日をずっと心待ちにしていた。MASK解散後にメンバー個々が活動を続けていく中、それぞれのファンになった人たちも、彼らのルーツに色濃く刻印されたMASKの存在へ興味を示し、チケットを手にしていた。中には、時の流れを経て「伝説」と化したバンドに興味を抱き、この日足を運んだ人たちもいた。
チケットは発売後、瞬く間に完売。つい先日も、求める声の多さから使用予定の無かった場所まで開放。そのチケットも売り切れたように、会場は大勢のファンで詰め尽くされていた。

この日は「GOAL~ループ開き~」と題したように、未散率いたLOOP ASH時代のバンドが集結。現在も活動中のアンティック-珈琲店-を筆頭に、SCISSOR、HeaRt、カミカゼ少年團が期間限定で復活。MASKの復活に華を添えてくれた。
ライブは、「MASK第一期」から幕を開け、それぞれのゲストバンドのライブを挟み、「MASK第二期」のライブが行われる形で進行。
!cid_10EC2421-6170-4AA9-8584-1E307DF1F149
AOI(Vo)+SANA(G)+MICHIRU(G)+KAZUTAKE(B)+NANA(Dr)による「MASK第一期」は、『赤裸々ノイローゼ』から幕を開けた。「真の終わりを迎えるには始まりを知ること大切、俺たちがMASKだ!!」。激しくワイルドに、ダークな色に塗りつぶしたロックナンバーが炸裂。AOIに至っては、デスボイス混じりに観客たちを煽り続けてゆく。「壊れちまえよ!!」、激しいブラストビートが炸裂。理性を一気に破壊するように、狂気の刃剥きだした『XxxXマスター』。
「10年ぶり、俺とNANAくんは13年ぶり。まさか13年後にこの日が訪れるとは夢にも思っていませんでした。最初からクライマックス迎えちゃっていいよな!!俺たち5人の13年分の想い、余すことなく持っていけよ!!」(AOI)
ヒステリカルなギターの旋律を合図にMASKERたちを挑発するように流れた『一見氏』。エキセントリックな表情携えた『東京トリックシアター』でも、MASKたちは理性の螺子をどんどん緩めていった。激しさと嘆く想いが交錯する中、MASKが描き出したドラマへ誰もが熱狂携えつつも魅入りながら…。
第一期MASKの最後を飾ったのが、ライブで絶叫と絶頂の宴を繰り広げてきた『色鬼』。「鬼さん」「こちら」「手のなる」…メンバーの誰もが舞台最前線まで駆け出しては、満員のMASKERたちを煽り続けてゆく。誰もが狂った鬼と化し、煽り続けるMASKの演奏へ溺れ続けて逝った。
!cid_9E212788-D880-40F2-AB75-3A47ECE0B8A7
10年前の感動を再現するように、ステージ場へ桜舞い散る演出を施した『桜』からスタートした、尽(Vo)+SANA(G)+未散(G)+和矛(B)+MINAMI(Dr)による「MASK第二期」のステージ。天空から降り注ぐ無数の桜の花びらを浴びながら、尽はたおやかに『桜』を歌いかけてゆく。なんて、美しも華やかな幕開けだ。駆けだした演奏に合わせ、会場中を埋めつくした手の花も大きく咲き誇ってゆく。この瞬間だけは、この会場に満開の桜の風景が広がっていた。
「逆ダイだ、飛んで来い!!」、尽の叫びを合図に、演奏は一気に激しさを持って走りだした。MASKERたちの騒ぎたい衝動を『Boys be ambitious』が熱く熱く煽ってゆく。舞台前方では逆ダイの風景が広がれば、場内には無数の荒れ狂う髪や大きく揺れる手の花が咲き続けていた。
『ローズ・マリー』に合わせ、場内に産まれた暴れ祭る風景。超高速な手バンも炸裂、場内の熱はどんどん上がってゆく。誰もが心を笑顔で開放しながら。そして…。
第二期MASKの最後を飾ったのが『未来への翼』。誰もが感情を弾ませる歌へ寄り添っては、空に向かって両手を羽ばたかせていた。騒ぐだけがライブじゃない、気持ちへいくつもの希望の羽毛を与え心を翼に変えてくれるのも、音楽の楽しさ。自分の想いが光へ向かってさえいれば、何時だって飛べる。誰もが頭上高く大きく両手を広げ、舞台上の5人へ「ありがとう」の気持ちを届けていた。

アンコール前に、「ここまで10年間別々の道を歩いたけど、最終的にここに集まれて良かったです。メンバーみんなこれからも一生懸命歩いてくから、また一緒に歩いてくれたら嬉しいなと思います」と語ったのが尽。「GOALは未来へのSTARTへ繋がっている」とAOIが述べつつ、総勢7人となったMASKが最後にぶつけたのが、ライブで熱狂と絶叫を作りあげるに相応しい『色鬼』だ。
AOIの「色鬼始めましょう」の声を合図に演奏がスタート。AOIと尽の歌の掛け合いや煽り、演奏陣の轟く激しいプレイに煽られ、会場中の人たちが一斉に暴れだした。「鬼さん」「こちら」「手のなる」の叫び声に合わせ、場内に生まれた大きな逆ダイの光景。2千人を越す観客たちがフロアー中で暴れ続ける様のなんと壮観なことか。SANAに至っては客席へダイブ。MASKERだけじゃない、メンバーらも理性を壊し、身体が導くがまま狂った鬼に成り暴れ続けていた。
!cid_3DBCC901-9B1B-479A-A45B-4120B811FC58
MASKとしての伝説は、これで永遠に封印されるのだろうか!?。今のシーンに刺激を与えてゆくに相応しい個性を持った音楽に触れながら、つい勝手な夢を求めてしまう。そう思っているのは僕だけじゃないはず。そんな僅かな希望を抱きつつ、再発されたベスト盤『MASKING』を聴きながら、この日の余韻に浸ろうか。。。

PHOTO:菅沼剛弘
TEXT:長澤智典

―セットリスト―
<MASK第一期>
~SE~『お通しパレード』
『赤裸々ノイローゼ』
『Gemini』
『XxxXマスター』
~MC~
『赫い盲目』
『一見氏』
『東京トリックシアター』
『色鬼』
———————–
<MASK第二期>
~SE~『WE ARE MASKER』
『桜』
『Boys be ambitious』
~MC~
『世の中の日常で頻繁に起こる今ではごく当たり前とされている出来事』
『C』
『空』
~MC~
『求めたゆえに残ったもの』
『ローズ・マリー』
『未来への翼』
———————–
EN(MASK7名セッション)
『コ~ルナンバ~』
~MC~
『色鬼』

MASK Web
http://www.loopash.com/
MASK twitter
https://twitter.com/mask20160501 


関連記事

  1. ViV主催イベント、ツアーファイナルとなったライブにレイヴのレンが乱入。最後には、出演者たちが集合し…

  2. ミュージック・ジャパンTV「ヴィジュアル刑事Z」presents 一斉検挙 vol.01レポート

  3. 7人新体制READY TO KISSお披露目単独公演でメジャーリリース新曲「READY TO KIS…

  4. 海賊アイドル黄金時代、逗子海岸を襲撃!!クルー (ファン)たちと一緒に海賊旗をジャック!!

  5. ロック界異端児が送る、大騒ぎの延長戦“Mayhem;Overtime”、ギターの“みさうさこ”を祝う…

  6. ライブと演技がバトルする音楽舞台劇「Sing Equally under the Sky-DIVIS…

  7. Smileberryが結成一周年ワンマンで新宿ReNYに描いた笑顔の景色。

  8. これから飛躍が期待出来る男性アイドルグループを集結したイベント「Darling! Live vol.…