アヤァ=オブ=ザワールド(新世紀えぴっくすたぁネ申/秘密結社ニルヴァージュ∀)が生誕祭を開催。彼こそが此処BLAZEの王だ!!


 10月9日(水)新宿BLAZEを舞台に、新世紀えぴっくすたぁネ申と秘密結社ニルヴァージュ∀のメンバーとして活動中のアヤァ=オブ=ザワールドの生誕祭「アヤァ=オブ=ザワールド生誕 逆襲のアヤァFES2019 俺は此処の王だ」が行われた。ゲストに、 ぶらっくしーぷしんどろーむ。とS!Nが登場。加えてアヤァ=オブ=ザワールドは、秘密結社ニルヴァージュ∀としてのライブも実施。
ここでは、新世紀えぴっくすたぁネ申と、アヤァ=オブ=ザワールド率いるAYAa BAND率いる公演を中心に、当日の模様をお届けしたい。

新世紀えぴっくすたぁネ申

 「アヤァ生誕祭始めます」と叫ぶアヤァ=オブ=ザワールドの声を合図に、トップを飾り登場したのが、新世紀えぴっくすたぁネ申。
彼らはイベントへ熱と華やかさを注ぐように「ゴーストパーティー」を披露。妖しい宴を幕開けるように、これから始まるHALLOWEENの季節を先取るようキャッチなホラーナンバーを歌い、怪しく妖しく観客たちを挑発し始めた。
想いを込めて歌うアヤァ=オブ=ザワールドのリードヴォーカルから始まったのが「キミホリック」。触れた人たちを新世紀えぴっくすたぁネ申中毒へ陥るようにと、華やかなステージングと一体化した歌声を魅力に、彼らは会場中の人たちの視線を集めていった。メンバーの振りに合わせ一緒に踊れば、間奏ではアヤァ=オブ=ザワールドへ向け熱いコールをぶつける場面も。落ちサビでは、アヤァ=オブ=ザワールドカラーの水色のサイリウムがフロアに咲き誇るなど、新世紀えぴっくすたぁネ申は序盤から場内へ熱を沸き立てていった。

AYAa BAND

強者共を集めたAYAa BANDのライブは、supercellの「君の知らない物語」のカバーからスタート。心地好く疾走する楽曲の上で、ちょっとセンチメンタルな香りも歌声に含みながら、アヤァ=オブ=ザワールドは高らかに歌いあげる。サビへ向かって感情のアクセルをグングン上げていく。
 秘密結社ニルヴァージュ∀のカバー曲「怪獣dance」へ。激しさと熱を持った生演奏というスタイルもあり、アヤァ=オブ=ザワールドのソロヴォーカルスタイルとはいえ、胸をガシガシ突き刺す迫力を持ってせまってきたのも印象的。フロアからは、アヤァ=オブ=ザワールドと一緒に声を上げる風景も。破壊力を持ったステージングに誰もが熱狂…というよりは、迫力に推され視線が舞台上へ釘付けになっていた。
「去年もAYAa BANDでやりました。今回はオリジナル曲を持ってきました。昔に書きながらずーっどやる機会もなかった曲を持ってきたので、聞いてください」
アヤァ=オブ=ザワールドがギター手に披露したのが、ワイルドなロックンロールナンバーの「Rxxk’in」。雄々しい声を魅力に荒々しくせまる。余計な装飾を抜きに、沸き立つ感情をアヤァ=オブ=ザワールドは豪快にぶつけてきた。それこそが、俺の中に燃えたぎる魂だと言うように。
 「スターフィッシュ」に気持ちが触発され、心が、身体が熱く騒ぎだす。熱を抱いて疾走する演奏の上で、高ぶる感情のままに歌う彼の声に気持ちが嬉しく震えていた。何時しかフロア中に無数の手が突き上がっていた。誰もが気持ちを一つにアヤァ=オブ=ザワールドへ想いを向けていた。
続いて披露したオリジナル曲の「サヨナラ」は哀愁エモーショナルなロックナンバー。ギターを掻き鳴らし朗々と歌いあげるアヤァ=オブ=ザワールドの姿も目に鮮やかに飛び込んできた。この曲でも、サビへ向かって熱を上げながら、サビ歌で一気にエモーショナルな感情を爆発させていく。沸き立つ情熱をダイレクトに投影。それこそが、アヤァ=オブ=ザワールドのオリジナル曲のスタイルだ。
AYAa BANDが最後に届けたのが、「少年の唄」。わだかまったみずからの心をすべて投げ捨て、無垢で純粋な少年に戻った気持ちでアヤァ=オブ=ザワールドは力強く歌をぶつけていった。沸き立つ気持ちのままに歌い演奏するアヤァ=オブ=ザワールドの姿へ、ロックに夢や人生を馳せてゆく少年たちと同じような無骨な輝きを覚えていた。その鈍い輝きが、むしろアヤァ=オブ=ザワールドらしい格好いいユニフォームだ。

新世紀えぴっくすたぁネ申

新衣装を身にまとい舞台へ登場した新世紀えぴっくすたぁネ申のライブは、会場に足を運んだ人たちのハートを全部盗むように「怪盗☆スター」から幕を開けた。「盗んでやるぜ君のハートを」の歌詞ではないが、会場中の人たちの熱狂したいハートをさらに熱狂で包み込み、奪い取ってゆく。 間奏では、お馴染みメンバーたちによるサイリウムを手にしたヲタ芸も登場。頭からフロアに熱が吹き出してゆく。気持ちを熱く熱く高ぶらせるように届けた、カバー曲の「星が瞬く夜に」。フロア中の人たちが、メンバーの動きとシンクロするように声を上げ踊る姿も何時もの嬉しい風景だ。
次に披露したのが、生誕祭のときに主役が歌う曲として誕生した新曲の「MOTHER」。もちろんこの日は、アヤァ=オブ=ザワールドがリードヴォーカルを担当。ザクザクとしたロックナンバーの上で、「僕はここにいるよMOTHER」と自分が存在してゆく意味を提示。間奏では、「アヤァ」(アヤァ)「俺が」(お前が)「此処の」(此処の)「王だ」(王だ)のやり取りも登場。これからこの歌が、どんな風にライブの中へ反映してゆくのか楽しみだ。
性急なダンスビートが炸裂。観客たちへ挑むように、挑戦的な姿勢を胸に新世紀えぴっくすたぁネ申は「GAME」を歌唱。自分たちの存在を示すように「光ってるんだよ」と凛々しく歌うその姿も眩しく見えていた。勢いを加速させるように、光の中へ飛び込むよう新世紀えぴっくすたぁネ申はカバー曲「夜明けBrand New Days」を歌いだす。自分たちの青春し続けている歩みを噛みしめながら、今でも夢や未来を追い求めてゆく意思を、彼らはこの歌に重ね届けてくれた。
 楽曲はカラフルなダンスポップチューンの「トライアングルドリーマー」へ。 フロア中から飛び交う熱々としたコール。サビではメンバーもフロア中の人たちも一緒に振りをしながら最高にドリーミーな景色を会場中へ作り上げていった。この曲が流れたとたん、一瞬にして場内の温度が数度は上がりだす。危うい恋ほど心は燃えるように、この曲を披露しているときに会場を包み込む黄色い熱狂がたまらなく大好きだ!!
熱狂へさらに熱狂を塗り重ねるよう、世紀えぴっくすたぁネ申は「お祭り戦隊ヒーロー」を歌唱。「叫べ さぁ叫べ 声が枯れるまで」の歌詞ではないが、メンバーが、観客たちが限界さえ超える勢いで歌い、踊り倒していった。誰もが「俺が最強じゃん!!」な気分を満喫していた。最後に、ふたたびこの楽しさを来年にも繋げる約束を交わすように「promise」を歌唱。熱気に包まれながら、互いにこの関係を永遠の絆としてきつく結び合っていった。

 アンコールでは、新世紀えぴっくすたぁネ申とAYAa BANDが合体。バンドを従えた新世紀えぴっくすたぁネ申が最初に届けたのが、新曲の「MOTHER」。バンドを従えたことで迫力も倍増すれば、歌に込めた想いも、よりエナジーを増して胸に突き刺さってきた。狂った世界の真ん中(フロア)が水色のサイリウムに染まっていたのも、とても綺麗な風景だ。
会場中をわちゃわちゃとした大はしゃぎの場に導くように熱唱した「Mr.アイドル」ても、激しい演奏へ触発され、メンバー自身の歌声も何時も以上に高ぶっていた。「気持ちでぶつかってこい」、アヤァ=オブ=ザワールドの言葉を受け届けたのが「モンスター」。「届け この想い 君に届け ここで終わるわけにはいかないから」と力強く歌うその声を、誰もが手にしたサイリウムを大きく振りながら心で受け止めていた。
最後に、アヤァ=オブ=ザワールドもギターを手に届けたのが、カバー曲の「Baby Baby」。この日出演したゲストたちもステージへ乱入。大勢の人たちが気持ちを一つになり、最高のロックンロールの香りを思いきり吸い込みながら、この瞬間を無邪気に楽しんでいった。

とても華やかなイベントとして催されたアヤァ=オブ=ザワールドの生誕祭。新世紀えぴっくすたぁネ申は、つねにライブという場にいるので、ぜひ彼らへ会いに行ってくれ。何時だって彼らは、笑顔で君を待っているから。

TEXT:長澤智典

アヤァ・オブ・ザワールド
https://twitter.com/Ayaagasukichan
新世紀えぴっくすたぁネ申
https://twitter.com/Epic_hstk_h
秘密結社ニルヴァージュ∀
https://twitter.com/s_s_nirverge


Pick Up

ピックアップ作品


vues サイト制作・プロモーション会社
株式会社IZUMI PROMOTION