「奇跡の40歳」と噂のPsycho le Cému のYURAサマ、初のソロアルバム『Colorful Life♪』の全曲を解説!!三回目は、『皐月の雨』『Let’s Go!!』『Tsutae Ai-Ai』『まさか逆さま』を紹介!!


「奇跡の40歳」と世間で騒がれているYURAサマ(Psycho le Cému/Dacco/THE BEETHOVEN/Brother)が、9月12日に、ついに40歳の誕生日を迎える。2002年にPsycho le Cémuとしてメジャーデビューを飾ってから数えると、今年で17年。10代の頃からバンド活動へ日々を費やしてきたことを考えれば、20年以上は音楽活動へ人生を注いできた。その間、YURAサマの音楽人生には華やかな時期も訪れば、明日も見えない暗闇の中を手探りで歩く日々もあった。それでも”表現すること”を辞めなかったからこそ、今も音楽を生業にして生きてゆく術を得ていれば、YURAサマの関係するバンドやユニットの音楽を求める人たちが今も増え続けている。継続は力なりとは、まさにYURAサマのような活動のことを言うのだろう。
じつはYURAサマの心の中には、密かな野望の火が消えることなく、小さく揺らめいていた。それが「何時かはソロアルバムを出したい」という想いだった。ただし、いろんな活動を並行してゆく中、なかなかタイミングを見いだすのに試行錯誤もしていたようだ。そこに訪れたのが、「40代へ突入する」という人生に於いて一つのタイミングだった。「このチャンスを逃したら、次は10年後になってしまう」と焦ったYURAサマは、昨年より、様々な活動の合間を縫う形でソロアルバムの制作へと着手。完成したのが、8月14日(水)に発売する初のソロアルバム『Colorful Life♪』になる。ここからは、YURAサマのアルバム全曲解説をお届けしたい。三回目は、『皐月の雨』『Let’s Go!!』『Tsutae Ai-Ai』『まさか逆さま』を紹介しよう。

『皐月の雨』
Guitar&Arrange:大祀(天照/Brother)
Bass:勇輔(Brother)

YURAサマ 『皐月の雨』は、自分がやっているBrotherというバンドの曲なんですけど。Brotherのヴォーカルの真実くんの似合う曲というと、僕の中では昭和歌謡系になるんですけど、そういう雰囲気で原曲を制作。Brotherとして演奏を行ううえで、重くて速いヴィジュアルロックなスタイルへ仕上げました。なので、僕としては元々あったスタイルに戻して表現したのが、より昭和歌謡チックなこの『皐月の雨』になります。
『皐月の雨』の歌詞の書き方は、自分でも天才だなと思っていて。短歌って五七五七七の文字数で表現するものじゃないですか。その短歌の元になったものとしてあるのが長歌。その長歌の要約や補足をするときに使うのが反歌。『皐月の雨』は、小野小町さんが百人一首の中へ綴った短歌を元に、僕がそれを長歌にし、最後に反歌にして書いたものを1曲の中にまとめあげた歌。自分でも斬新な書き方をしたなと思っています。
ただし、実際に小野小町さんが書いている「自分がどんどん年老いていくのが寂しい」という意味ではなく、「いなくなった女性を今でも想っている男性」の歌として表現。最後に僕が記した反歌の二行には、じつはこれだけの想いが詰め込まれてるんですというのをわかってもらえたら嬉しいですね。
演奏には、Brotherのメンバーに参加してもらいました。ただし、アレンジはあらかた僕が行い、それを2人に伝えたうえで、遊んでいただいています。大祀さんのギターのフレーズ、勇輔くんのビート感、昭和歌謡感がすごく出てていいですよね。「ホンマ、わかってくれてんなぁ」と思いましたからね。

『Let’s Go!!』
Guitar:Lida(Psycho le Cému/Dacco/NINJAMAN JAPAN)
Bass:竹田和彦(LIPHLICH)  
                              ・
YURAサマ 僕が「アラスタ」という舞台の制作を行ったときに、劇中歌として作った曲になります。アルバムの中に、1曲くらいはキーボードやシーケンスの音を入れない、いわゆるギター・ベース・ドラムだけのバンド演奏による楽曲が欲しいなと思ったんですね。そのときに、「あっ、こんな曲あったなぁ」と思い浮かべたのが『Let’s Go!!』でした。
この曲は、明るい曲調に明るいメッセージを乗っけたように、すごくわかりやすく真っ直ぐな歌。自分で言うのもなんですけど、僕が前向きな歌詞を歌うと言葉に説得力が出るなと思ってて。と言うのも、「この道をただひたすらに 我が道を貫き通せ」という歌詞のように「僕に対する世間のイメージってそうなんやろうなぁ」と思ったし。今もいろんなことをやってるとはいえ、根本にある芯は一切ぶれていないように、僕が歌うからこそ意味があるなと思ったことから入れました。ゲストに関しては、単純に頼みやすい&何度も一緒に演奏した事のある人として安心して任せました(笑)。なのでなんの心配もしてなかったです。

『Tsutae Ai-Ai』
Guitar:AYA(Psycho le Cému/MIMIZUQ)
Bass:seek(Psycho le Cému/MIMIZUQ)      

YURAサマ 『Tsutae Ai-Ai』も、頼みやすい人たちにお願いしていますし、僕の中で2人はセットやなという印象があることから、自然とそうなりました。ちなみに、厚かましい事を頼みやすい関係のせいか、アルバム収録曲の中でも最後に発注したように、結果的に2人にはバタバタさせてしまいましたけど(笑)。
『Tsutae Ai-Ai』は、同じことを男性と女性の視点から歌にしています。というのも、今年に入ってから「読書をする」という趣味を一つ増やしまして。いろんな本を読んでいく中、「同じ出来事を違う登場人物の目線で表す」書き方が面白いなと思い、その手法を参考にさせてもらったうえで、男目線と女目線それぞれに書きながら。でも、「2人ともこう思ってるよね」という書き方をしています。内容は、説明しすぎると面白くないので直接確かめてください。
曲調は、ピアノを用いた明るいロックというイメージを想定していたように、軽やかなピアノの音が前に出てくるファンキーでソウルフルなお洒落曲に仕上げています。

『まさか逆さま』
Guitar : TØRU(ロマン急行)
Bass : 那オキ(ANNY’S LTD./JINKAKU RADIO/THE BEETHOVEN)                
Guest Musicians : (五十音順)
向日葵(彩冷える),晃(天照),和泉隆宏(ロマン急行),犬神凶子(犬神サアカス團),ウスイ“Tacky”タクマ(The Benjamin),海(vistlip), うゆに(ピノキヲ), ANGEL-TAKA(UCHUSENTAI:NOIZ),乙女おじさんクラリス・クラリーヌKaya, KIBA(Gargoyle),小林写楽(メトロノーム/FLOPPY/ヘクトウ),小林孝聡(LIPHLICH),櫻井有紀,清水良行(Cosmo-Shiki),DAISHI(SiXX/Psycho le Cému)高橋尽(HERO),谷琢磨(実験台モルモット),TAMA(CASCADE/MIMIZUQ),団長(NoGoD),TЯicKY ,貘-baku-(妖の鬼狐), ぶう(えんそく),featuring 16(Jin-Machine),MASA☆(Dear Loving),マコト(怪人二十面奏/THE BEETHOVEN),宮悪戦車(ストロベリーソングオーケストラ/瀉葬文幻庫),Ricky(DASEIN/RIDER CHIPS),RYO(KING),唯(umbrella),祐弥(DuelJewel/ユウヤヤバセ),義彦(heidi.),

YURAサマ 僕は毎日twitterへ、かならず一個回文(前から読んでも、後ろから読んでも同じ文章)をつぶやくことやってまして。何時か、これを形にしたいと思っていたのが一つ。そしてもう一つが、自分のやっているバンドであるPsycho le Cému/Brother/THE BEETHOVENのメンバーみんな、楽器演奏で僕のアルバムに参加していますけど。僕が歌っているように、ヴォーカリストはなかなか参加できないんですね。もちろん、コーラスという手もありますけど。メインヴォーカリストが僕の歌のコーラスにまわるなんて、とても恐れ多いこと。「ちゃんとアルバムへ参加してもらう良い形はないか」と思案していたところ、「あっ、回文を言ってもらおう」と思い、そこからいろんなバンドのヴォーカリストの方々に参加してもらえば、それらの声を『まさか逆さま』に詰め込みました。
回文というのは、前から読んでも後ろから読んでも同じ言葉ということ。歌詞がすべて回文になっているのはもちろん。じつは楽曲も、前から聴いても最後から聴いても同じという形を取りました。(※あくまでMIDI上での事ですので生演奏のものは反対から聞いても同じにはなりません)これ、正直めっちゃしんどかったです。理屈の面では算数的な考えとはいえ、完璧な左右対象のメロディのデータを作るのは、そうとうしんどい作業。もう、何度あきらめかけ、何度泣きそうになったことか。それでも、「40歳の記念作品やし、絶対に悔いを残したくない」一心で作りあげました。
曲を発注するときも、「一見、ふざけた内容に聞こえる曲ですけど、一番計算され尽くしている曲なので、申し訳ないですけど、一切自分の色を入れることなく、この通りに弾いてください。そうしないと、曲が成り立たなくなるんで」と先に説明をし、とても複雑なリズム構成を持ったこの曲を完璧に弾いてくれる方々ということで、透さんと那オキさんにお願いしました。
ヴォーカリストの方々にも、同じ説明をし、あらかじめ自分がタイム感も意識して吹き込んだ音源を渡し、タイム感だけは意識してもらったうえで、あとは、その人のテイストでしゃべってもらっています。何より、こんだけの人たちに参加していただけたのが、ホンマにありがたかったですね。

次回は、『[着信old me]』『Life is beautiful』『あおぞらのわ』の魅力と、「YURAサマ40th Anniversary Solo Concert Tour Colorful Life♪」についてYURAサマに語っていただこう。

TEXT:長澤智典

YURAサマ twitter
https://twitter.com/YURAsamaTakeshi
YURAサマ BLOG
https://ameblo.jp/dacco-yurasama/
YURAサマ Instagram
https://www.instagram.com/yurasamatakeshi/
YURAサマ 公式LINE
https://line.me/R/ti/p/%40ptq8310g
YURAサマ YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCOlsqfDAD8kUTqV2s5e0v5Q?view_as=subscriber%3Fsub_confirmation%3D1
YURAサマ「ColorfulLife♪」ニコ生
https://ch.nicovideo.jp/yurasama40

★音源情報★

2019/08/14(水)リリース!
YURAサマ ファーストソロ アルバム
「Colorful Life♪」
SAMA-001\\3,200(税別)                                  
All Song
music & words YURAサマ
収録曲
1,[発信for dear]
2,My Destiny
Guitar&Arrange:MASATO(defspiral/NUL.)
Bass:RYO(defspiral)
3,初恋のヒト
Guitar&Piano&Arrange:ミネムラ”MIney”アキノリ(The Benjamin/THE BEETHOVEN)
Bass:ツブク”Mashoe”マサトシ(The Benjamin)
4,ヒヨドリ
Guitar&Arrange:CUTT (SPEED OF LIGHTS)
Bass:Sato
5,CODE 010-004
Guitar:Ruiza(D)
Bass&Arrange:リウ(メトロノーム)
6,西空-seiku-
Guitar:最鋭輝(最鋭輝隊/CARO/Brother/ホソメ商会/CRZCRZ)
Bass:犬神ジン(犬神サアカス團/最鋭輝隊)
7,[発信for my family]
8,Opening bell♪キンコンタンゴン♪
Guitar&Arrange:福助。(ADAPTER。/THE BEETHOVEN/メトロノーム)
Bass:進藤渉
9,皐月の雨
Guitar&Arrange:大祀(天照/Brother)
Bass:勇輔(Brother)
10,Let’s Go!!
Guitar:Lida(Psycho le Cému/Dacco/NINJAMAN JAPAN)
Bass:竹田和彦(LIPHLICH)
11,Tsutae Ai-Ai
Guitar:AYA(Psycho le Cému/MIMIZUQ)
Bass:seek(Psycho le Cému/MIMIZUQ)
12,まさか逆さま
Guitar:TØRU(ロマン急行)
Bass:那オキ(ANNY’S LTD./JINKAKU RADIO/THE BEETHOVEN)
Guest Musicians : (五十音順)
向日葵(彩冷える),晃(天照),和泉隆宏(ロマン急行),犬神凶子(犬神サアカス團),ウスイ“Tacky”タクマ(The Benjamin),海(vistlip), うゆに(ピノキヲ), ANGEL-TAKA(UCHUSENTAI:NOIZ),乙女おじさんクラリス・クラリーヌKaya, KIBA(Gargoyle),小林写楽(メトロノーム/FLOPPY/ヘクトウ),小林孝聡(LIPHLICH),櫻井有紀,清水良行(Cosmo-Shiki),DAISHI(SiXX/Psycho le Cému)高橋尽(HERO),谷琢磨(実験台モルモット),TAMA(CASCADE/MIMIZUQ),団長(NoGoD),TЯicKY ,貘-baku-(妖の鬼狐), ぶう(えんそく),featuring 16(Jin-Machine),MASA☆(Dear Loving),マコト(怪人二十面奏/THE BEETHOVEN),宮悪戦車(ストロベリーソングオーケストラ/瀉葬文幻庫),Ricky(DASEIN/RIDER CHIPS),RYO(KING),唯(umbrella),祐弥(DuelJewel/ユウヤヤバセ),義彦(heidi.),
13,[着信old me]
14,Life is beautiful
Guitar&Arrange:MASATO(UCHUSENTAI:NOIZ)
Bass:RYO:SUKE(WING WORKS /少女-ロリヰタ-23区Ba.リョヲ丞)
15,あおぞらのわ
Guitar:KENTARO
Bass:TOSHI
Chorus:(順不同)
まいこ,葵,藍咲,TOMO,蝶啝,ののちゃん,みほ, 紗貴, Umbrae Lustravi, 威月, h&n,みちよ, es:Reverse, 栫井と一戸,いづみ,さやか,あや, a.m.n,まおマン,あぶちゃん, はるきとりきとこおちゃん,飛月美里,わんこ☆,ゆうこ, 莉早,あそ,しーな,いつか,かりん,ももも, ぽで芋, WakaYuka, MAYU,あつこ, 明璃, 森智子,あやちん, ヒロ&たま, がんも, たこぽん,ゆか,あんじ, LUKA,ともよ, 月蔵天馬,ささみ, SeilA,SAYA,YUMI, u., Lara, Sa-chan, 妄想癖+T, ニクサブロウ, 守田 薫, LYURI,みやこ,…andYURAサマ公式LINE友だち

★LIVE情報★

YURAサマ40th Anniversary Solo Concert Tour
「Colorful Life♪」
09/01(日)初台DOORS
09/07(土)梅田Zeela
09/08(日)HOLIDAYNEXT NAGOYA
09/12(木)TUSTAYA O-WEST※Come on! Happy birth day♪
出演:YURAサマ/
サポートミュージシャン:Gt.加藤透,Ba.進藤渉,Dr,村田一弘
全会場共通
チケット代/\4,000(税込ドリンク代別)


Pick Up

ピックアップ作品


vues サイト制作・プロモーション会社
株式会社IZUMI PROMOTION