4人のぶっちゃけた?トークが炸裂。うちらが、噂…にして欲しいHOT DOG CATわんにゃん!!!! 


7月10日(水)に渋谷REXを舞台に行った1stワンマンライブ「HOT DOG CAT 1stワンマンライブ~みんなで一緒にわんわんにゃんにゃん~」がSold Out。11月18日(月)には、TSUTAYA O-NESTを舞台に2ndワンマンライブも決定しているHOT DOG CAT。このインタヴューは、初のワンマン公演日の本番前に行った。HOT DOG CATとはどんなグループなのか、それを知る一つのきっかけにしていただけたら幸いだ。

わたしHOT DOG CATが好きだし、次の代に繋げるまではどうしてもグループを残したいと思ったし、そのたびにりなるん(大原莉奈)にはいて欲しいなと思って。

──HOT DOG CATが誕生して…。
大原莉奈 1年3カ月です。最初からメンバーとしてグループにいるのは、白河陽奈と大原莉奈になります。
──この1年3カ月の中、いろんなことがあったんじゃないですか?
大原莉奈 なんか今思えばあっと言う間じゃない?
白河陽奈 あっと言う間。
大原莉奈 以前は、「まだ半年かぁ」「まだ1年経ってないんだ」という気持ちだったけど。今は、「もう1年3カ月も経ったんだ」という感じだよね。
──それだけ、いろんなことがあったわけだ。
白河陽奈 はい、とても濃かったです。デビューしたときから体制が何度も変われば、そのたびに歌割りやフォーメーションも何度も変わったように、覚えるも大変だったよね。
大原莉奈 私たち、6人バージョン、4人バージョン、3人バージョン、他にもあったよね。
白河陽奈 私たち2人に関しては、2人から6人までのバージョンをやってきました。
──それ、かなり鍛えられてるよね。
白河陽奈 鍛えらました。
──それでも2人は辞めずにいるということは、それだけHOT DOG CATに対する思い入れが強かったわけですよね。
大原莉奈 なんか、お互いに、お互いがいたから頑張れた感じがする。
──どちらかが辞めていたら、今、ここにはいなかったと。
大原莉奈 わたしは辞めてたと思います。
白河陽奈 わたしは続けてた(笑)。
大原莉奈 あら、ごめんなさい(笑)。すみません、ホントに(苦笑)
白河陽奈 「今後について考えたい」という話をメンバーから聞いたときもありましたけど、そういう話をするたびに「わたしはHOT DOG CATが好きだし、どうしてもグループを残したい」と思ったし、そのたびに「りなるん(大原莉奈)にはいて欲しいな」と思って。
大原莉奈 ありがとう。
白河陽奈 りなるんは、HOT DOG CATに必要な存在。りなるんの気持ちはわたしが決めることではないけど、大切な存在だからこそ、りなるんには「りなるんが頑張りたいと思うんであれば一緒に頑張って欲しい、HOT DOG CATに居て欲しい」と伝えたし。それで一緒にここまで頑張ってやってこれたところは、正直あります。
大原莉奈 ひなちゃんは、何時もHOT DOG CATのことを一番に考えて来てくれてる人だからね。それくらい頼れる存在だし、ひなちゃんがいたから、わたしもついていこうと思えていました。

正直言うと、何も考えていなかったです。

──みなさん、もともとBABY TO KISSから昇格したわけですよね。READY TO KISSやSAY-LAのメンバーとして活動したい気持ちはなかったの?    
大原莉奈 それはないです。最初、SAY-LAさんの新メンバーを決めるのというのでBABY TO KISSに入ってはいるんですけど。その頃から「新グループが出来るから、そちらのメンバーに」というお話があったし…。
白河陽奈 BABY TO KISSの加入した1カ月後くらいには、HOT DOG CATへの昇格は(大原莉奈は)決まってたよね。わたしの場合は、SAY-LAさんへの昇格オーディションか新ユニットを選ぶかという状況でした。わたしも、どうするか悩んではいましたけど。HOT DOG CAT担当の方と話をしたときに、「新ユニットのほうが向いてると思うよ」といろいろ言ってもらえたことから、「HOT DOG CATのメンバーになろう」と思ったし。入ってから一回も後悔したこともなければ、「ずっとこのグループにいたいな」とわたしは思っています。
──次に入ったのが、黒沢あかりさんになるわけですね。加入したのは…。
黒沢あかり 昨年の10月です。HOT DOG CATが活動を始めてから7カ月目くらいの時期になります。
──あかりさんも、BABY TO KISSからの昇格組ですよね。HOT DOG CATへ参加の話を聞いたとき、どんな気持ちでした?
黒沢あかり 正直言うと、何も考えていなかったです。
白河陽奈 ホントにぶっ飛んでる子なんで…。
大原莉奈 あかりんが入ると発表になって、「とんでもない子が入ってくるぞ」と、私たち会議をしました(笑)。
白河陽奈 あかりんのお披露目準備のために一週間特別にレッスン期間を用意したんですけど、レッスン期間中に北海道旅行に行っぢゃうし。
黒沢あかり だって、うちらはその時期に北海道旅行するって前々から決めてたんだよ。
白河陽奈 でも、普通なら本人のステージデビューに向けての準備期間を用意するわけだから、旅行を中止にするじゃないですか。なのに、堂々と旅行へ行きましたからね。
黒沢あかり だって予約がぁ。友達との約束がぁ…。
白河陽奈 その変わり、大量のお土産を買ってきてくれました(笑)。
──デビューステージへ向けてのレッスンと北海道旅行、どっちが大切かと言ったら、やはりそこは…旅行になるわけだ。
黒沢あかり 一緒に行く相手が親友だったんで…。
──今、振り返って、あのとき辞めとけば良かったと後悔は…。
黒沢あかり 後悔は、わたし一度もしたことないです。
──それくらい神経図太いほうがいいんだろうね。
大原莉奈 確かに、そうかも知れないですね。でもあかりんは、HOT DOG CATが私たち2人だけになっちゃって、これから続くかもわからないグループに昇格するのが決まったわけで。普通だったら、加入することにだって不安になるじゃないですか。なのに、ケロッとした顔で北海道旅行から帰ってきたのを見たとき、私たちも「どうにかなるかも」と前向きな気持ちになれたし。あかりんがつねにHOT DOG CATの状況をポジティブにしてくれたというか、明るくしてくれていたから、ホントに感謝しています。
──本人は、そういうのぜんぜん気にしてないし。
黒沢あかり 何も考えてないです(笑)、直感で動いてるだけだから(笑)。
──その直感を信じて正解でした?
黒沢あかり 間違ってないですね。

HOT DOG CATに「入りたい」と言ってくれる子がいたことが嬉しかった。

──一時期は3人で活動をしていたわけだ。
白河陽奈 半年くらいは3人でやってたよね。ちょうどりんちゃんがBABY TO KISSに入った頃から、HOT DOG CATも3人になって活動をしていたからね。
──3人編成で活動を始めた、その半年後に鈴本りんさんが加入したわけだ。りんさんの加入は、安心感にも繋がりました?。それとも、メンバー自身は3人でやっていこうという意識でした?
黒沢あかり 3人でやってるときから、「早く新メンバーが欲しい」と言ってました。
白河陽奈 ずっと「増やしたい」と思っていて。だからHOT DOG CATに「入りたい」と言ってくれる子がいたことが、まずは嬉しかったんです。
大原莉奈 あのときは、本当に嬉しかった。I-GETには他にも魅力的なグループがいる中、「HOT DOG CATに入ろう」と思ってくれた子がいたのは本当に嬉しかったんです。
──当時のりんさんは、HOT DOG CATのことをどんな風に見ていました?
鈴本りん 一番距距離感の近いグループがHOT DOG CATだったんですよね。普段からBABY TO KISSとよく対バンしていましたし、よく見ているグループではあったんですけど。でも、そんなにメンバーさんと会話をすることもわたしはなかったんです。
白河陽奈 当時のBABY TO KISSのメンバーの中、一番HOT DOG CATのメンバーと話をしなかった子(笑)。
大原莉奈 確かに!!!
鈴本りん 同期のみんなが先輩たちと絡んでいくのを見て「いいなぁ」と思ってたけど、なかなか自分から行くことはできなくて。 
──実際にHOT DOG CATのメンバーになり、印象も変わりました?
鈴本りん なんか、みんな優しい。
白河陽奈 ちょっと待って、その発言は言わされてる感ない?
大原莉奈 なんか、言葉を絞りたした感じが凄いんだけど…。
白河陽奈 みんな、一番安易にその言葉を使うからね。
大原莉奈 優しいとか、一番言いやすいから。
黒沢あかり でも、うちら優しいよ。だって、うちが言うんだから間違いないじゃない。
鈴本りん こんなポンコツにも何でも教えてくれるし、優しいなぁって思ってます。
──りんさんが加入したのが…。
白河陽奈 今年の4月14日なので、まだ3カ月経ってないです。7月10日に渋谷REXでワンマンを行うことが発表になったときに加入が発表されて。だから、HOT DOG CATのメンバーになることが決まった時点で、もうワンマンが決まってました。
鈴本りん だから、今日のワンマンは自分の力で取ったわけじゃないです。そこは、先輩方の力で…。
大原莉奈 まぁ、そうかも知れないなぁ(笑)。
鈴本りん 自分で言うのもあれだけど、わたしが加入したのが3カ月前というのが嘘みたい。なんかずっと前から一緒いる感じがします。

愛のあるいじりですね。

──前々から、ワンマンの開催は目標にしていたことでした?
白河陽奈 やりたいとはずっと思っていたけど…。
大原莉奈 それもお願い出来る状況ではなかったし…。
白河陽奈 メンバーが変わるたびにファンの数も減っていってたし。とくに3人でやっていた時期は、もう伸び悩んでたからね。私たちからしたら来てくれる一人一人の気もちがすごく嬉しいし、来てくれた人たちを楽しませることが…みんなが楽しんでもらえればそれでいいという考えだったけど。でも、数字として結果を出させなきゃいけないのも事実。そこで、すごく悩んでいた時期もありました。
──1stワンマンを迎えるまで、いろんな想いを背負いながら来ていたんですね。
大原莉奈 ホントにいろんなことがあったけど、今日をきっかけに、過去のことはもう振り返らないでいきたいなと決めました。今までの集大成として、今日のライブを行います!!
──初めてHOT DOG CATを知る方のために、どういう魅力を持ったグループなのかも教えてください。
大原莉奈 みんな、個性がほんとにバラバラ。すごいバラバラなのに、どうして一つのグループとしてまとまっているのか。そこを追求する楽しみが、見てる人たちにはあると思います。
黒沢あかり それ、初めて聞いた…。
白河陽奈 仲間としての仲の良さはすごい出ているんじゃないかなって思います。だから、ふざけていじったりもするけど。ぜんぜん笑って返してくれるし。
大原莉奈 愛のあるいじりですね。
白河陽奈 みんながそこをわかりあって受け入れてくれてるのは、ライブを通しても伝わるんじゃないかなって思っています。

黒沢あかりと鈴本りんのキャラ分析!!

──みなさん個性的ということですので、一人一人のキャラクターも教えてください。
大原莉奈 あかりんは、自分を持ってる子。いい意味で持ちすぎてるんですけど。
黒沢あかり 自分大好き!!
大原莉奈 全面鏡張りのエレベーターへ乗ったときに、エレベーターの行き先ボタンを押さないで、ずっと自分の顔に見とれてる子だからね。
白河陽奈 そう。エレベーターが動かないなと思って、ボタンの前にいるあかりんを見たら、ずっと鏡を見てるから。
黒沢あかり 自分に夢中で、ボタンを押すのを忘れてました(笑)。
大原莉奈 そのあかりんの持つ美意識や自分への自信が私たちにも伝わってくることで、私たちも、もっと自分を磨こうと思えるようになったからね。それに、頑張ってないように見えて、私たちの見えないところで頑張っているように、そういう刺激も彼女からはもらっています。
黒沢あかり ニヤニヤニヤ(笑)。自分が一番大好きで、最強のナルシストだから。
白河陽奈 いつも私たちに言うんですよ、「3人ともあかりはタイプじゃないけど、たぶん、世の中から見たら可愛いんじゃない?」って(笑)。
大原莉奈 「自分が一番可愛いけど」と言ったうえで、そう言うんです。
白河陽奈 それを、内輪だけじゃなくて外にも発信するからね。
鈴本りん しかも、「あかりはタイプじゃないけど」って前置きもしっかり言うっていう。「あかりは自分の顔しか好きじゃないけど」みたいな。
白河陽奈 「好みじゃないけど、みんな可愛いと思う」って。
──世の中で自分が一番可愛いと。
黒沢あかり そこまでではないですけど。自分のことが大好きだからこそ、全部が大好き。りんちゃは、なんかぁ、なんて言えばいいんだろう。りんちゃんは、面白い。りんちゃんはなんか、うちが持ってないすごい意識の高さを備えてる。うちみたいに全面に出さないけど、秘めてる意識の高さがある子。わたし、身体の細いりんちゃんに、「あかりちゃん、これ以上ご飯食べないほうがいいですよ」と言われると、その影響を受けて我慢もするように、うちにとって一番言葉の影響力のある女です。
鈴本りん ここの2人は、間逆な性格だからね。
黒沢あかり りんちゃんは、一番黒沢あかりに対して影響力を持っている女なんで。
白河陽奈 でも、ほんとそうだよね。りんちゃんが入ってきてから、あかりんはすごく変わった。ちゃんとするようになった。今までは振りを曖昧にやっていたところも、ちゃんと覚え直したしね。
大原莉奈 りんちゃんは、思ってることをストレートに伝えてくれる子。りんちゃんが私たちに何を求めてくれているのかが私たちにもわかりやすく伝わるから、それで返答しやすいなというのはありますね。

白河陽奈と大原莉奈のキャラ分析!!
    
鈴本りん ひなさんは、すごく苦労しているイメージがあって。わたし自身、正直その苦労は知らないんですけど(笑)。苦労しているぶん、いろいろ考えてる部分も多いんだなと思えるように、一番グループの軸となる存在であり、とても尊敬出来る人です。レッスンも、2人っきりで教えてくれるんです。最初は怖いイメージがあったけど、ぜんぜんそんなことなくて、わたしがわかんないところをいっぱい聞いても優しく教えてくれる人のように、イメージとぜんぜん違いました。
白河陽奈 I-GETのみんな、私たち2人のことを怖いと思っているみたいなんです。あかりんも最初そうだったし。
黒沢あかり 超性格悪い集団だと思ってた(笑)。
大原莉奈 私たち2人がグループに残ってしまったことによってね。
鈴本りん 初めて陽奈さんに挨拶をしたとき、めっちゃ怖かったんですよ。なんか機嫌悪かったのか…。
白河陽奈 わたしがライブ前で、けっこう切羽詰まって前髪をアイロンで直してるときに、急に「今、いいですかぁ」と大声出してやってくるから、「ちょっと待って」となって(笑)。
──お2人はと怖いイメージをもたれてるんですか?
鈴本りん 恐いっていうか、性格が悪そうって(笑)。
大原莉奈 6人メンバーがいたのに、私たち2人だけ残ったからそう言われたし、そう思われてたと思う。
黒沢あかり しかも、その中にうちが入ることになって。
大原莉奈 まわりから心配されてたんでしょ。
黒沢あかり そうなんです。
鈴本りん わたしも入ることになったとき、すごく心配されました。
大原莉奈 そうらしいんですよ。
鈴本りん 失礼な話だなと、今になると思います(笑)。                    
白河陽奈 ホントだよ。
鈴本りん そのイメージは、ここで払拭出来たらなと思いますね。
白河陽奈 で、りなるんは、わたしだけかも知れないですけど、マジに何を言ってるのかわからない子。でも、一生懸命に伝えようとしているのもわかる子なんです。。伝えたいことがあるんだろうけど、ツイートを見ていても、何を言ってるのかわかんないときが本当にあって。
大原莉奈 わたし、アイドルを始めてから、自分って口下手なんだなってめちゃくちゃ思うようになりました。
白河陽奈 でも、すごく一生懸命に考えてくれているように、HOT DOG CATの中で一番熱い女なんです。熱い人間だから、すごい伝えたいことも言いたいこともいっぱいあるんだけど、それが伝わってこなくて。気持ちを言葉に上手く表現出来なくて、だんだん何の話をしているのか自分でもわからなくなっていくことがすごくある子なんです。それでも、一番熱い子で真面目なのは伝わってきますからね。

毎回与えられた挑戦が越えたい目標にはなるんですけど、全部を通過点という形で捉えています。

──今回、1stワンマンをSold Outさせましたよね。
鈴本りん だけど、今日がようやくスタートくらいの気持ちです。
黒沢あかり ここから一歩ずつって気持ちだよね。
──11月18日に、渋谷O-NESTでの2ndワンマン公演も発表になります。
大原莉奈 次の目標が明確になっているのはすごく良いことだなと思っていて。まずは…。
黒沢あかり オーなんとか系列を制覇したいです。
白河陽奈 そこに向けて日々をという感じです。
──1stワンマンから約4カ月後というペースに関しては、どうですか?
白河陽奈 また、バタバタしそう。
大原莉奈 ても、今回のワンマンライブも前々からいろいろ準備していたけど、結局いろんなことがギリギリだったから。次のワンマン公演も、4カ月でも準備期間としては足りないんじゃないかなとも思います。
──でも、向かうべき目標が見えてるっていいですね。
白河陽奈 だけど、ゴールは決めてないよね。一番の夢や目標とか、そういうゴールは決めてなくて、常にすべてが通過点。毎回与えられた挑戦が越えたい目標にはなるんですけど、全部を通過点という形で捉えています。
大原莉奈 HOT DOG CATは、つねに過程を大事にしていきたいなと思っています。
――HOT DOG CATは、配信で音源をリリースしていますよね。
白河陽奈 今、HOT DOG CATは配信で『オフィーリア~君に会いたくて~』という、みんなの大好きな楽曲を表題にした配信限定盤シングルを配信スタートしました。中に『純情アイスティー』と『凸凹フレンズ』という曲が入ってるんですけど。『凸凹スレンズ』の中、曲の途中で「大好きだよ」というセリフを、普段は、あかりんが言ってるんですけど。配信バージョンでは、各メンバーの「大好きだよ」バージョンを配信。普段なかなか聞けないバージョンも聞けるので、チェックしてください。
HOT DOG CATの曲っめっちゃいい曲ばかりなんですよ。聞くだけじゃなくて、歌詞もメチャ読んで欲しいんです。先に配信している『キラキラ☆ポジティブ』もすごく明るくて元気で、みんな盛り上がる曲と思っているけど。歌詞とかすごくいいんですよ。
大原莉奈 盛り上がるだけじゃなくて、心が動かされる歌ばかりなのもHOT DOG CATなんです。
白河陽奈 ちゃんと伝わるものがあるので、ちゃんと歌詞も読んで欲しいです。ライブでは楽しんで、家ではじっくり聴いて楽しんで欲しいです。

LIVE PHOTO: 本間裕介
TEXT:長澤智典

HOT DOG CAT Web
http://iget.get-crazy.jp/hot-dog-cat/
HOT DOG CAT twitter
https://twitter.com/HOTDOGCAT_info
HOT DOG CAT YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCa9R065M5c1UM-o4v_wAcbA

★インフォメーション★

配信シングル「オフィーリア ~君に会いたくて~」各大手配信サイトにて配信中!
https://linkco.re/t5P0H8ED

<配信シングル収録曲>
オフィーリア ~君に会いたくて~
純情アイスティー
凸凹フレンズ
オフィーリア ~君に会いたくて~ (off vocal version)
純情アイスティー (off vocal version)
凸凹フレンズ (off vocal version)
凸凹フレンズ(白河セリフversion)
凸凹フレンズ(大原セリフversion)
凸凹フレンズ(鈴本セリフversion)

2019年11月18日(月)
TSUTAYA O-nest

★LIVE情報★

HOT DOG CAT 2ndワンマンライブ 〜わん??にゃん!!だふるらいふ〜

出演 HOT DOG CAT
開場 18:45 開演 19:15
前売 2000円 当日 2500円 (ドリンク代別)

チケット発売日
①手売り
2019年7月10日渋谷REXより。

②LivePocket
2019年7月12日23時より(2019年11月17日23時59分まで)。
http://t.livepocket.jp/e/d4hjo

入場順
①、②並行入場→当日券

主催:I-GET


Pick Up

ピックアップ作品


vues サイト制作・プロモーション会社
株式会社IZUMI PROMOTION