全11組のガールズバンドが、バレンタインのチョコ以上に甘い熱狂をプレゼント!!


イベンターODYSSEYが定期的に開催中、これから伸びてゆくガールズバンドたちを集めたイベント「GIRLS ROCK SPLASH!!」。その冬バージョン「ODYSSEY Presents GIRLS ROCK SPLASH!! 2016 Valentine’s Day」が2月14日(日)のバレンタイン当日にディファ有明で開催になった。出演したのは、Draft King/LoVendoЯ/Chu’s day./Split BoB/ガールズロックバンド革命/凸凹凸凹-ルリロリ-/Le Lien/CANDY GO!GO!/Milkey Milton/Cyntia/Booing!!!の計11組。MCをハグてっぺいが担当。当日の熱狂を、ここへダイジェストでお届けしよう。

                 
Booing!!!

IMG_8691  トップを飾ったのが、アイドリング!!!のメンバーだったYURICA(橘ゆりか)とLUCA(倉田瑠夏)の2人によるBooing!!!。明るく弾けたパーティナンバーを得意とする彼女たち、『SUNRISE』や『Vamos Nippon』『Passion』など、触れた瞬間から大騒ぎしたくなる情熱歌を次々と放ち会場に熱気を作り上げ、トップバッターとしての役割をしっかり担ってくれた。

Milkey Milton
IMG_7737
 「女子会系バンド」というコンセプト通り、この日のMilkey Miltonは、哀切さと情熱二つの表情を1曲の中でクロスさせた『voice』や乙女のドキドキときめく気持ちをそのまま歌や演奏に投影した『シークレットガール』。さらには、ひと夏の切ない心物語綴った『線香花火』など、女の子の秘めた心模様を甘酸っぱい高揚と一緒に届けてくれた。

 ガールズロックバンド革命
2016・ソ02_14豎コ螳壼・逵・3. 繧ォ繧吶・繝ォ繧ケ繧吶Ο繝・け繝上y繝ウ繝医y髱ゥ蜻ス豎コ螳・IMG_7897
 沸き上がる感情のままに熱を持った歌をぶつけてきたのがガールズロックバンド革命。躍動的な『MOMENT』や荒々しさ満載の『ランナーチェイス』。カラッとした青春の風景映し出した『sparkling smile』も歌えば、触れた人たちの魂をゾクゾクっと震わせてゆく『声』まで、エナジーあふれたステージングを披露してくれた。

                  Split BoB
IMG_8098
 演奏が始まると同時に場内中から沸き上がった絶叫。メンバーと観客たちとが気迫をぶつけあい、一緒に絶頂を感じてこそSplit BoBのライブ。その意識を証明するように『BE READY』をエネルギッシュにぶつければ、フルスウィングなパワフルロックナンバー『スターになれない』やダンサブルなディスコロックソング『スパイス』を通し、場内へ止まぬ熱狂の宴を描き続けていた。

Le Lien
IMG_8230
 Le Lienのライブが届けてくれたのは青春の香り。輝き放つ弾けたポップチューン『Everytime』に眩しいときめき覚える『がんばりDoki』など、青春ど真ん中感抱いた爽やかな歌を次々とプレゼント。『斬鉄剣』のような雅なパワフル和ロックナンバーに新鮮さ覚えれば、新たな始まりを迎える人へ向けた応援歌『君に幸あれ』に胸がキュンと疼かされたのも嬉しかったこと。

Cyntia
IMG_9360
 Cyntiaのライブは、透明感あふれた美しいバラード『White Stock』からスタート。会場中の人たちが大きく手を振り心一つに歌や演奏に酔いしれた『Jewel Stars』や。情熱的で激しい『暁の華』など、次々と表情を変えながら、彼女たちは多彩な音の景観を描きだしていた。たぎる情熱を解き放ってゆく心地好さ与えた『Fly away』に触れながら、酸いも甘いも知り尽くした?!大人な女性たちだからこそ描く歌世界も実感させられた。

CANDY GO!GO!

IMG_8650
何時ものオケスタイルではなく、この日はバンドを従えて登場したCANDY GO!GO!。熱いエールの交わし愛(あい)繰り広げた『神様のイジ悪』に、クールでワイルドな女豹のような姿で観客たちを煽った『overdrive』。気持ちを嬉しく武者震いさせた『シンデレラコール』やドラマチックで情熱的な『そしてまた逢えると云うよ』、感情フルスロットルで騒ぎ続けた『おとなの事情』など、魂震わせ暴れさせゆくCANDY GO!GO!タイフーンをぶち噛まし、彼女たちはイベントを熱く嵐(荒)らしていった。

凸凹凸凹-ルリロリ-
IMG_8903
 気持ちをクライマックスまでガッと引き上げてゆく情熱歌謡ロックナンバーの『ハイヒールキック』を筆頭に、今宵のポップモンスター凸凹凸凹-ルリロリ-は、舞台上から”挑む気迫”をガンガンにぶつけていた。そのエナジーに触れ、興奮しないわけがない。♪Everybody Go!!!♪のやり取り交わした激烈ロックンロールナンバー『EverybodyGo!!!』に、ギラギラとした情熱をぶつけた『クロブチメガネとベビードール』など、キュートな女の子たちだと思っていたら、一瞬にして相手を虜にする毒牙を笑顔の裏に隠した可愛い小悪魔的な存在だったことに、嬉しい衝撃を覚えたライブだった。

Chu’s day.
IMG_9215
 歌が流れるたびに、次々とリアルな青春映画を彩るシーンに様変わってゆく。Chu’sday.の奏でる『Cycling』に触れ、心のスクリーンに爽やかな風を感じながら自転車漕いでワクワクときめいてゆく風景が映し出されれば、キラキラとした輝き放つ『愛の光』では、恋したときのドキドキ感に心のバクバクが止まらなかった。気持ちへワクワクとした冒険心を熱く注入してゆく『Rocking Shoes』など、Chu’s day.は熱狂と一緒にいろんな夢の景色を与えてくれた。

LoVendoЯ
IMG_9297
 これはホントの恋?!、それとも偽りの愛??。複雑な恋愛を描いた『イツワリ』を通し、LoVendoЯの持つ妖艶と可愛さの二面性を実感。ヘヴィなギターサウンドが炸裂。ラテンビートとラウドな音楽性をミックスした、LoVendoЯ流激情ダンスロックナンバー『いいんじゃない?』や、歌謡ポップさと重厚な音を重ね合わせ熱狂の空間を描き続けた『渚のシチュエーション』。胸にジーンと染み入るバラードの『宝物』まで、今宵のLoVendoЯのステージは、心にいろんな想いの風景を熱情と一緒に届けてくれた。

Draft King
IMG_0372
  イベントのトリを飾ったDraft Kingは、感情を熱く掻き立ててゆくパーティロックチューン『アブラカタブラ』や『エレクトリック』をぶち噛まし、観客たちと熱気の抱擁を交わしあっていた。ネガティブそうに見えて、しっかり光を見据えてゆく『This is me』。最後に突きつけ、会場へ熱狂の風を吹かせた『Hey My Love』まで、攻めの姿勢を軸に据えた楽曲を撃ちながら、気持ち振り絞る熱気をDraft Kingがプレゼントしてくれた。

シーズン毎にイベントを開催中の「GIRLS ROCK SPLASH!!」。定期的にWebをチェックのうえ、次の開催も楽しみに待ってていただきたい。

                     PHOTO: ヨアン・クロション、三村愛
                     TEXT:長澤智典

「GIRLS ROCK SPLASH!!」
http://girlsrocksplash.com/
Draft King
http://draftking.info/
LoVendoЯ
http://lovendor.jp/
Chu’s day.
http://chusday.xii.jp/
Split BoB
http://wish-japan.co.jp/splitbob/
ガールズロックバンド革命
http://girlsrockbandrevolution.com/
凸凹凸凹-ルリロリ-
http://rurirori.com/
Le Lien
http://www.lelien.jp/
CANDY GO!GO!
http://one2one-agency.com/
Milkey Milton
http://www.milkeymilton.net/
Cyntia
http://cyntia.jp/
Booing!!!
https://booing.amebaownd.com/

―セットリスト―
Booing!!!
『SUNRISE』
『Vamos Nippon』
『Passion』
『Yourself』
『オーバーラップ』
『ユルネバ』

Milkey Milton
『voice』
『シークレットガール』
『線香花火』
『Oh Yeah!』
『Don’t cry goodbye』
『プレイボーイ』

ガールズロックバンド革命
『MOMENT』
『ランナーチェイス』
『ORDEAL』
『sparkling smile』
『声』

Split BoB
『Parallel World』
『BE READY』
『少女A』
『スターになれない』
『スパイス』
『pop my color』

Le Lien
『Everytime』
『抱きしめてアンセム』
『がんばりDoki』
『Be My Boyfriend』
『斬鉄剣』
『君に幸あれ』
Cyntia
『White Stock』
『Jewel Stars』
『暁の華』
『ZOOOOOO!』
『Fly away』

CANDY GO!GO!
『神様のイジ悪』
『overdrive』
『絶対加速少女C』
『シンデレラコール』
『そしてまた逢えると云うよ』
『おとなの事情』

凸凹凸凹-ルリロリ-
『ハイヒールキック』
『Everybody Go!!!』
『Don’t say lazy』
『クロブチメガネとベビードール』
『Sunny Ride』

Chu’s day.
『Cycling』
『愛の光』
『HOT GIRL』
『GAME』
『Rocking Shoes』
『GLORY DAYS』

LoVendoЯ
『イツワリ』
『いいんじゃない?』
『渚のシチュエーション』
『宝物』

Draft King
『アブラカタブラ』
『エレクトリック』
『The Things She Said』
『満月』
『This is me.』
『Hey My Love』


Pick Up

ピックアップ作品


vues サイト制作・プロモーション会社
株式会社IZUMI PROMOTION