New

愛夢GLTOKYO インタヴュー



二次元からやってきた愛夢GLTOKYOは、コスプレ風の姿でパフォーマンスを行う、世界中へ日本のサブカルチャー文化を届けに行こうとしている2.5次元ユニット。

「「アニメ」「ボーカロイド」「コスプレ」「ゲーム」「ゴシックロリータ」など、非現実的な日本のサブカルチャーに特化した2.5次元ユニット」として活動中のユニットが愛夢GLTOKYO。彼女たちは最新シングル『B奪取』を手に、12月27日にワンマン公演「愛夢GLTOKYO6thワンマンライブ ~前人未到の4時間耐久ついてこれる奴はついてこい~」を原宿アストロホールを舞台に開催する。愛夢GLTOKYOとは一体どんなユニットなのか!?。その魅力を、ここにお伝えしよう。

私たち、海外へ行くとライブ以外の相性が悪いのか、いろんな事件を起こしてしまいます。

――三次元を超えたその存在は、腰を抜かしそうになるほどの衝撃でした。愛夢GLTOKYO、あなた方は一体何者なんですか??!!
NEOアリカーベル(一色亜莉沙。以下、アリベル) 二次元からやってきた愛夢GLTOKYOは、コスプレ風の姿でパフォーマンスを行う、世界中へ日本のサブカルチャー文化を届けに行こうとしている2.5次元ユニットです。ライブパフォーマンスでは、主にアニメやボカロ、ゲームサウンドを駆使した音楽を用いてます。生の歌声をあえてボカロ風に加工したり、ゲーム音を楽曲の中へいっぱい散りばめたりと、個性的なサウンド作りをしているのも特徴です。何より、目で見て楽しんで欲しいからこそ、ライブではコミカルなミュージカル風のステージングも行っています。ときには、メンバーに吹っ飛ばされ、ステージの隅っこまで飛んでいったり…。とにかく、見てるだけで楽しくなれるエンターテイメントなライブステージを毎回見せているユニットです。
――わかるようなわからないような…、とにかく凄いのは伝わってきました。愛夢GLTOKYOは国内のみならず、海外でも精力的に活動をしていると聞きました。
ユーカリピリカ(平原ゆか。以下、ピリカ) これまでにも愛夢GLTOKYOは、ドイツ・フランス・上海・深圳・北京・台湾などに足を運びライブを行ってきました。今年は、ヨーロッパ進出の一環としてJAPAN EXPOが行われているフランスの会場へお客さんとして足を運び、直接、出展している企業さんへ「今、このスペースが空いてるんだったら使わせてください」とお願いをし、交渉が成立したらライブをやったり。ルーブル美術館の前で投げ銭ライブを行い、その売上で食費を賄い、美味しいワインをみんなで飲み干したりしてきました。
――えっ、JAPAN EXPOに招待されたわけではなく…??
ピリカ 自腹で行って、勝手にライブをやってきました。
ライチャス☆警備員(さいこ) 海外では、よく投げ銭で生活を賄うライブをやってます。
アリベル ヨーロッパのお客さんには愛夢GLTOKYOは大人気で、ドイツへ行ったときは、持っていったCDが完売したくらい。アジア各国でも、好きになってくれた人たちが写真や動画をいっぱいInstagramへ載っけてくれてます。
ピリカ だけど私たち、海外へ行くとライブ以外の相性が悪いのか、いろんな事件を起こしてしまうんです。
――それ、気になります。
ピリカ パスポートを忘れてきて、予定してた飛行機に乗れなかったり。空港までの電車をのり間違えて予定していた飛行機に乗れず、改めてチケットを買い直したおかげで1日中ターミナルで過ごしたり。とにかく、すごくお金のかかるユニットです。
アリベル 道中、メンバーの誰かがかならず食あたりを起こしたりもするしね。
――それって、全部自分たちのミステイクのせいじゃない…。
アリベル ………。文化の違いを楽しめるって、すごく楽しいんですよ。海外はもちろん、国内でも地方へ行ったときは、かならずメンバーみんなで同じ部屋で合宿するんです。一週間ほど大阪へ行ったときも、メンバーみんなで共同生活をしてたしね。
――あの……破天荒過ぎませんか??
全員 はい~っ??

夢は、アニメの主題歌を歌うこと!!!!

――愛夢GLTOKYOは、一応アイドルと捉えて良いのでしょうか?
アリベル 今、活動の主戦場にしているのはアイドル系なので問題ないです。だけど最近では各地のコスプレ系のイベントからも声をかけてもらえるように、2018年はもっとコスプレイヤーさんたちのイベントへの参加も増やしたいし、メンバーみんな激しい音やパフォーマンスも好きなようバンドさんらと共演もしたいように、いろんなジャンルの方々との共演も出来るように幅を広げていきたいです。
ココパール でも、愛夢GLTOKYOとして一番の目標はね…。
アリベル 夢は、アニメの主題歌を歌うことです!!!!
――11月27日には2ndシングル『B奪取』を発売しました。この作品の魅力も、ぜひ教えてください。
ライチャス☆警備員 『B奪取』は、スーパーマ●●●風な赤と緑のおじさんとペンキを撃ちまくるスプ●●●ー●みたいな2つのゲームをオマージュしたパーティソングです。MVでは、メンバーが赤と緑のおじさんに扮して暴れまわったり、ペンキを投げつけあったりしています。
アリベル 1stシングル『流星のワルキューレ』ではRPGのようなゲームサウンドを取り込めば。今回の『B奪取』でも、8bitな音を魅力にBPMもグッと上げた高揚感を持った楽曲に仕上げました。パッと聴いた瞬間、「あっ、なんか聴いたことある」みたいな感覚を覚え、歌の世界へ入ってきてくれたらなと思ってます。

「愛舞は地球を救う」んです。歌だけじゃなく、いろんなコーナーを作った4時間マラソンライブにしていきます!!

――12月27日(水)には、原宿アストロホールを舞台に「愛夢GLTOKYO 6thワンマンライブ~前人未到の4時間耐久ついてこれる奴はついてこい~」を開催します。4時間って凄いですよね。
アリベル だって、ワンマンで2時間だと短いじゃないですか。だからと言って、アイドルさんのワンマンにありがちな、昼はイベントにして夜はワンマンを行う二部構成にするような温い形は嫌だなぁと考えていたんですけど。とあるライブのとき、私のテンションが上がりすぎたあまりに「次のワンマンは4時間耐久でやる!!」と言っちゃったことが、そもそもの発端なんです。
ココパール おかげで、今回の公演用セットリストを作るのが大変でした。だって、4時間歌い続けるにはすでに曲数が足りないんですよ。
――えっ、当日はどうやって対応するの??
アリベル 「愛舞は地球を救う」んです。歌だけじゃなく、ワンマンならではの企画や演出が盛りだくさんな、いろんなコーナーを作った4時間マラソンライブにしていきます!!。愛夢GLTOKYOは総合パフォーマンスユニットのように、この日も、視覚と聴覚などいろんな感覚をフルに駆使して楽しんで欲しくって。かなりこだわった上映用映像も作れば、ピリカとココパールは女優としても活動しているように2人ならではのコミカルな演技も見せますし、メンバーそれぞれのソロコーナーも用意してます。
ライチャス☆警備員 メンバーのソロコーナーは初めての挑戦になるから、そこはぜひ見て欲しいですね。ワンマン公演のたびに愛夢GLTOKYOは、リーダーのアリベルがメンバーにも内緒で何かおっきな発表をするように、今回も何が出てくるのか楽しみです。
ココパール 確かにね。今回はライブ後にもお楽しみがあって。当日、来てくださった方全員に宝くじをお配りします。ライブ中に行う抽選会で当たった方々は、アリベルの奢りで打ち上げに参加できるよう、ぜひ抽選会まで楽しんでください。
ピリカ さらになんと、今回はメンバーのあーんな姿やこーんな姿まで見れちゃいます!!
アリベル 前回のワンマン公演では、TSUTAYA O-WESTに400人集めました。今回の原宿アストロホール公演は、次の展開へ向けた一つの大きな節目公演になるから、ぜひ見て欲しいです。
リオルジャネイロ候補生 私はまだ候補生で出れる曲は限られてるんですけど、ステージに出たときは、その機会を大事に頑張ります!!
――すでに来年の展開も??
アリベル もう夏頃までの展開の種まきは終えたので、その芽をしっかり芽吹かせ、毎回みんなをビックリさせていこうと思ってます。
ココパール それが何なのか、メンバーも知らないんです。だから、当日のアリベルからの発表を楽しみに、一緒にビックリしましょう!!

TEXT:長澤智典

愛夢GLTOKYO Web
http://gltokyo.jp/
愛夢GLTOKYO twitter
https://twitter.com/gltokyo
愛夢GLTOKYO Blog
http://www.diamondblog.jp/official/gltokyo/

★LIVE情報★

★愛夢GLTOKYO6thワンマンライブ ~前人未到の4時間耐久ついてこれる奴はついてこい~★
日時:12月27日(水)
場所:原宿アストロホール
前売優待券(手売り)2000円 予約2500円 当日3000円(+1D別)
開場16:00/開演17:00~21:00/物販22:30まで


関連記事

  1. immortal noctiluca インタヴュー

  2. 歌/ダンス/演技もこなす、静岡のミュージカルパフォーマンスドールことcheer up。彼女たちの魅力…

  3. オレンジに輝く場を守り続けていくから。CANDY GO!GO!が、最新シングル『CANDY』へ詰め込…

  4. Half time Old インタヴュー

  5. CANDY GO!GO! インタヴュー

  6. Half time Old インタヴュー

  7. 「あの頃のDASEINの未来」へ一緒に向かいましょう。まさにBACK TO THE FUTURE的な…

  8. 2o Love to Sweet Bulletとバーチャルデート気分に浸れる『日比谷線ダイアリー』の…

取材/掲載依頼はこちら

twitter