New

yucatが描き出した『PARALLEL WORLD Ⅳ~消滅海底都市~』。その背景を本人が紐解いた!


今年の4月に発売したベスト盤『yucat PARALLEL WORLD 5th Anniversary Complete Best-episode.0~episode.3-』。この作品は、yucatがこの世界で声を上げてからの5年間の日々の中、4枚のアルバムを通し描き続けた「PARALLEL WORLD」を集大成した作品だった。一つの世界を描き上げたyucatは、また未開の地へ足を踏み入れ、新たな「PARALLEL WORLD」を描き始めた。それが、11月29日(水)に発売するミニアルバム『PARALLEL WORLD Ⅳ~消滅海底都市~』になる。
yucatが、どんな想いで『PARALLEL WORLD Ⅳ~消滅海底都市~』を作り上げたのか。その心の中を覗いてみた。

『PARALLEL WORLD Ⅳ~消滅海底都市~』の物語、歌声に導かれ堕ちてゆく”僕”。
          
――ドイツのライン川に伝わる「岩山にたたずむ美しい少女ローレライが船頭を魅惑し、舟が川の渦の中へ飲み込まれてしまう」という伝説。その”ローレライ”が、最新作『PARALLEL WORLD Ⅳ~消滅海底都市~』では重要な役割を担います。
yucat:まずは、なぜ今回「海底都市」を舞台にしたかを説明すると、「PARALLEL WORLD 第一章」を形作る最初の作品となった1stミニアルバム『PARALLEL WORLD ~終ワリノ始マリ~』は、「PARALLEL WORLD」の導入部となる物語。その先へと広がったのが、2ndミニアルバム『PARALLEL WORLDⅡ~第3ノ道~』になります。この作品を通し、「PARALLEL WORLDにはこういう人たちが住んでいるんだよ」など背景を説明。『言霊』と題したアニメーションMVの中、yucatは空から地上へ堕ちてゆく。その堕ちた先に広がったのが、3rdミニアルバム『PARALLEL WORLDⅢ~七ノ起源~』に描き出した頽廃的な世界でした。何故、そこへ辿り着いたのかを説明しつつ、少し前の自分に戻る物語を綴ったのが4thミニアルバムの『PARALLEL WORLD~episode.0~』になり、それを一つの物語として再構築したのが、今年4月に出した『yucat PARALLEL WORLD 5th Anniversary Complete Best-episode.0~episode.3-』になります。
空中世界から頽廃した地上へ堕ちた先までの物語を「PARALLEL WORLD 第一章」で完結させたわけですが。「じゃあ、次は何処を目指して旅を出よう」となったときに目指したのが、今回の海底都市でした。
――「海底都市」を目指す、その鍵を握る存在として登場するのがローレライ…。
yucat:みんなをyucatの描くPARALLEL WORLDへ歌を通して引き連れて行きたいなと思って…。『PARALLEL WORLD Ⅳ~消滅海底都市~』の冒頭を飾った『ローレライ~海底消滅都市』。よく聞いてもらえれば耳に届くと思いますが、ローレライの歌声の背景からは、船の錨を上げる音や帆を張る音、船のきしむ音、雨や風の音などが効果音を通して描き出されています。『ローレライ~海底消滅都市』の冒頭の歌詞へは、船乗りの”僕”が見て体感した景色をメモしてゆくように。以降へは、ローレライの心模様を綴りました。
――続いては、『子宮的宇宙』になります。
yucat:物語の導入部となる『ローレライ~海底消滅都市』を通し、”僕”という主人公をローレライとなったyucatの歌声を通し海底へ引き込んだわけですが。『子宮的宇宙』では、「人間が隠したい闇の部分」を前面に押し出しています。歌詞がどこか攻撃的でもあるように、けっこう挑発的な楽曲になりました。
歌詞の一節に「戦おうともしない奴らが知ったかぶりで言葉を並べてる そんな声に傷つく必要はない 真実は」と私は記しました。自分の居る世界が見えていながらも、そこで自分はどうしたら良いのかわからない。同時に、外からはいろんな理不尽な声も突きつけられる。目の前に大きな壁を感じながら心苦しんでいる人たちへ向け、その壁を一つ乗り越えた自分なりの視点からの想いも歌にしています。ライブでは涙を流し聞いてくれてる人たちもいるように、この歌の最期で私はその涙を拭ってあげたいなとも思っています。

『PARALLEL WORLD Ⅳ~消滅海底都市~』の物語、何故、ローレライは歌う??

――3曲目は、『踊り子ノ晩餐会』になります。
yucat:『子宮的宇宙』を通し人間が心に持つ黒い部分を描き出した後、向かった海底都市の中、龍宮城を見つけます。そこでは素敵な宴が連綿と続いてゆく。その様へ惹かれ、宴へと参加したらとても楽しい気分に満たされた。でも、やはり人は欲深いのか、何時しか物足りなさを覚え、地上が恋しくなる。晩餐会を彩る人たちは、「ずっどここにいればいいじゃない。なんで地上に恋い焦がれるの?」と問いかけるけど、”僕”はふたたび地上に恋い焦がれだす…。
――4曲目は、『Voice』。
yucat:一般的な「ローレライ伝説」では、ローレライは人を惑わす美しい声を持った魔女として描かれることがほとんど。でも、「本当にローレライは人を和惑わすために歌ってるの」ということが気になりだし、私なりの解釈で作り上げたローレライの物語が『Voice』になります。
ローレライはけっして人を惑わしたかったわけではない。偶然、崖岩の上から見つけた船乗りに恋をし、その人に自分を見つけて欲しかったり、嵐が訪れるからと警告のためなど、その人を守りたいがために歌い続けていたのに、(その島が急流の中にあることで)その歌声に魅了され近づいた船乗りたちが次々と遭難事故を起こしてしまったことから、「あれは魔女の歌声だから近づいちゃいけない」という悲しい伝説が生まれてしまったんだと私は解釈しています。
冒頭を飾った『ローレライ~海底消滅都市』のイントロで聞こえる歌声は、ちょっともの悲しいんだけど、『Voice』の最期では明るく笑顔で歌っている。『Voice』は『ローレライ~海底消滅都市』のアンサーソングでもあるように、繋がりを持った楽曲にもなっています。
――最期は、『ノアの箱船』ですね。
 『Voice』に記した想いのように、「ずっと側にいたい」「一緒に寄り添いたい」欲求は、人なら絶対にあること。でも同時に、人だからこそ「ずっとここにいちゃいけない」という感覚もある。
 「PARALLEL WORLD」は、私にとってもう一つの現実世界。自分が普段の生活を上手く生き抜くために作ったもう一つの世界のように、私は楽曲を作ることで自分の心を浄化し続けています。そんな私の創造した「PARALLEL WORLD」へたくさんの人たちが共感を覚え、寄り添ってくれるのはとても嬉しいことなんですけど、この世界にずっと居続けちゃ駄目なんです。誰もが、夢から覚め現実世界へ晒される瞬間がある。でも、何かあったらまたここへ戻って来れるからと門戸を開いていたい。私のどの作品でも、希望の見える歌を最期に持ってきています。けっして暗い感情のままでは終わらず、またここへ戻ってきては、希望を持って旅立って欲しい。そう願っています。
 『ノアの箱船』は、みんなで一緒に船を漕いで浮上しよう。上に向かっていこうという歌。冒頭に掛け声のような歌声が流れます。それは、みんなと一緒に船のオールを漕いでゆくときの声。何時かライブで、みんなと一緒に掛け声を大合唱出来たらなと思います。

360度広がる音景色。yucatが初の試みとして創り上げたVR MIXとは…。

――『PARALLEL WORLD Ⅳ~消滅海底都市~』には、先に発売した『ローレライ~海底消滅都市』を 『ローレライ~海底消滅都市 VR MIX ver.』として。さらに、Bonus trackとして『踊り子ノ晩餐会 VR MIX ver.』を収録しています。
yucat:それぞれの楽曲ごと、たくさんの効果音を入れています。それらの音を360度の音で再現したVR MIXで聞いていただくことで、新たな音の発見が臨場感を持って出来ると思います。出来れば密閉度の高いヘッドホンを付け目をつぶって聞いていただけると、その場にいるような体験が出来ると思います。中でも『踊り子ノ晩餐会 VR MIX ver.』はVR MIXを行うことを前提にサウンドメイキングを施したように、晩餐会の中で響く呼び鈴やフォークとナイフを叩いたときの音、猫が忍び寄るときの様、扉がグワーッと開きバタンッと閉じる音などが360度広がる音として響きます。ぜひ、その様を耳で体感してください。

巨大な水槽を前にした水族館でのライブ。それが「PARALLEL LIVE vol.11 ~深イ深イ海ノ底デ僕達ハ~」
                       
――yucatは、作品を作り上げるごと、その物語を音楽劇…yucat流に言うなら「ストーリー仕立てライブ」を通し具現化しています。『PARALLEL WORLD Ⅳ~消滅海底都市~』もまた、今後「Story Live」として形作る構想を持っているのでしょうか?
yucat:もちろん計画しています。その前に、来年2月10日に薪江ノ島空水族館を舞台に「PARALLEL LIVE vol.11 ~深イ深イ海ノ底デ僕達ハ~」と題したワンマン公演を行います。今回、海底都市へ迷い込んだからこそ、実際に深海でライブをやりたいと思い、巨大な水槽を前にした水族館ライブを行う形を取りました。
その前にも、12月はリリースイベントやイベントライブも多いければ、来年もコンスタントにライブ活動はやっていきますので、ぜひ遊びに来てください。
これはまだ妄想レベルのお話ですけど。今は都心部を中心に「ストーリー仕立てライブ」を行っていますが、その作品のテーマに合わせ、そのテーマに相応しい場所で開催するのも良いなと思っています。yucatが「PARALLEL WORLD」の中で旅を続けるのなら、「ストーリー仕立てライブ」も同様に現実世界で旅を続けてゆく。来春にロシア公演にも「行くよ」と言ってくださるファンの方々がいるように、ぜひ国内でも、一緒に「ストーリー仕立てライブ」の旅をしたい。そんな風にも今は思っています。

TEXT:長澤智典

【yucat official web】
http://www.yucat1031.com/
【yucat twitter】
https://twitter.com/yucat1031

★原宿カルチャーWebマガジン「Lucu Lucu.Press」コラム連載中!
https://luculucu.press/column/yucat-column1/

★ファン待望の 5th Album『PARALLEL WORLD Ⅳ~消滅海底都市~』全国発売!
発売日:2017年11月29日(水)
レーベル:ユニコレーベル
発売元:UNIVERSAL COLLECTION INC.
販 売:ビーエムドットスリー
品 番:UCOL-005
金 額:1,620(税込)

《発売記念イベント》
日 時:2017年12月2日(土)13:00〜
場 所:川崎ラ チッタデラ噴水広場
内 容:ミニライブ&特典会(CD購入者のみ)
参加方法:フリー
http://lacittadella.co.jp/event_campaign/?ym=2017-12

日 時:2017年12月9日(土)13:00〜
場 所:トレッサ横浜 南棟センターガーデン
内 容:ミニライブ&特典会(CD購入者のみ)
参加方法:フリー
http://www.tressa-yokohama.jp/shop/pop-eventnews.jsp?id=2450

★次回ワンマンライブ開催決定!
サンリオピューロランドに続き、新江ノ島水族館を貸し切りNEXTステージLIVEを魅せます!
『PARALLEL LIVE vol.11~深イ深イ海ノ底デ僕達ハ~』
日 時:2018年2月10日(土)19:30〜

★yucat初の海外ライブ出演決定!
ロシアのモスクワで開催される「HINODE POWER JAPAN」というロシアと日本の文化交流フェスティバルにyucatライブ出演が決定しました。来場者数3万人規模の大イベントになります!
日 時:2018年4月28日&29日両日出演予定
場 所:ロシア モスクワ市 VDNH

その他、詳しくは公式HP:http://www.yucat1031.com/をチェック!!yucat


関連記事

  1. CANDY GO!GO!インタヴュー

  2. 星乃ちろる、「熱血怒涛真夏の8days」について熱く語る!!

  3. 17代目ミニスカポリス 工藤希 インタヴュー

  4. immortal noctiluca インタヴュー

  5. CANDY GO!GO! インタヴュー

  6. 上間江望 インタヴュー

  7. The Benjamin インタヴュー

  8. Half time Old インタヴュー