New

喉の治療に専念していた涼太も復活。Neverland、東京キネマ倶楽部で結成5周年を祝うワンマンを敢行!!!!


7月30日(日)に東京キネマ倶楽部を舞台に、Neverlandが結成5周年を祝うワンマン公演「Neverland 5th Anniversary One Man Show 【The JUDGEMENT in the 5th】」を行った。【The JUDGEMENT】と名付けたように、この日はNeverlandの未来へ向けた道筋も審判する意味も担っていた。
この日から、喉の治療のために活動を休止していた涼太が復帰。久しぶりにフルメンバーでのライブとなった。

ライブは、強気な今のNeverlandの姿を示すように、涼太の感情的な歌声が場内を包み込むスケールあふれた『Missing memory』からスタート。とても広がりのある楽曲だ。その中から見えてきた、メンバーそれぞれのファンたちへ挑む姿勢。その勢いが彼らの演奏から着実に滲み出ていた。
物語は一気に動き出した。Neverlandは『Heart sleep』を武器に、演奏を、高ぶる感情を、観客たちへ突き刺した。抑揚を持った歌。それ以上にこの日は、今にもつかみかからんばかりの勢いを4人のステージングに感じていた。沸き上がる感情のままに叫びを上げていた涼太の姿が、その姿勢を示していた。
熱した魂をさらに沸騰させるように、Neverlandはダークコアな『Dummy』を用い、重厚な音を畳みかけてきた。フロアーでは無数の拳が舞台上へ突き上げられ、頭を振り乱す光景が広がってゆく。歪みを上げた音の洪水の中で叫び狂う涼太。そのまま演奏は、ダークホラーな『嘘と月』へ、絶叫と熱狂が支配する空間の中で、彼らは痛み覚える感情を叫びと黒い演奏に乗せ吐き出していく。熱狂の闇に溺れてゆく。それを誰もが求めていた。

「一週間、ひと言も声を出せない期間があった。相当溜め込んでるんで、今日全部発散してやっからよ!!5年目の大切な記念日だ、お前らの愛を全部届けてこいよ!!」

涼太の言葉に続き飛び出したのが、最新シングルの『DeadMAN』。フリーキーでサイコヒステリックな演奏に触発され、会場中の人たちが左右へモッシュし、手バンしながら、涼太の叫ぶ「喰い殺せ」の声へ狂ったように呼応してゆく。理性を破壊し、観客たちを暴れ騒ぐモンスターへ変えてゆく。それこそがNeverlandのライブ。その様を彼らは、しっかりと示していた。
ダークでサイコで浪漫な香りも抱いた『Land Escape』が、闇の空間で踊る快楽を教えてくれた。演奏の変化に合わせ、いろんなノリを見せてゆく観客たち。共に熱を作りあげてゆく、その関係が嬉しいじゃない。

てらのベースからの幕開け。「踊れ」の声を合図に、フロアー中の人たちが両隣の人たちと手を繋ぎ、『ハイカラ輪舞曲』に合わせ跳ねだした。何時しかその空間は、螺子の曲がった刺激的な音に脳内を掻き回され、踊り騒ぐ木偶たちの宴の空間に塗り変わっていた。
『絶好×キャンディ』が、いなたい昭和な場末のダンスホールへ観客たちを招き入れた。神経を痛く刺激する毒を含んだダンスロックに触発され、大勢の人たちが妖しく華激な宴に溺れていた。足を踏み入れてはいけないまやかしの宴に身を溺れるように、誰もが熱に浮かされていた。
熱い絶叫のやり取りを挟み、Neverlandは観客たちをハロウィンの一夜へ誘い込むようにダークホラーな『SORROW GHOST』を突きつけた。身体を、感覚をトリップさせる漆黒のパーティ音楽に刺激され、無我夢中で踊り狂っていたかった。それが、たまらなく心地好い快楽だった。病んだ気持ちを空へ連れ出すように流れた『DILEMMA』でも、センチメンタルな気分を味わいつつも、彼らの愛に包まれている気分を覚え続けていた。
ふたたび演奏はダークでサイコでホラーな香りをまといだした。激しく駆けだした『SECRET WORLD』が、熱狂の中で溺れろと言わんばかりに激しく牙を剥いて襲いかかった。終盤戦へ突入したライブは、ますます狂気と狂喜を重ねながら猛り出した。
すべてを解き放つように流れた開放的な演奏に乗せ、涼太が観客たちの気持ちへ光を注いでゆく。けっして明るいわけではない。むしろ、彼らは『セカイのハジマリ』と叫ぶことで、ともに新しい明日を描こうと誘いをかけ、心を開放していった。

「今、すっげぇ生きてんだって感じがします。声を出せない時を経て、改めてみんなの大切さを知れた期間だったよ。俺は想いを声に出して伝えたい。人に気持ちを伝える大切さや、言葉一つ一つの重みを改めて痛感させられた。このステージから、みんなへ気持ちや想いをぶつけたい。俺は今まで以上にここから気持ちを全力でぶつけていくんで、できる限りその気持ちを受け止めてください。俺は死んでも、いや、生まれ変わってもヴォーカリストでいると思います。ヴォーカリストという人生に誇りを持って歌い続けていきます。
1年前、この場所で、悔しさや悲しみで歌いあげたこの曲を、1年経った今、前向きな気持ちで歌える気がします」

センチメンタルで儚さを持った幕開けから、楽曲は一気に光を集めて走り出した。『daydream』が会場中の人たちに勇気を与え、一緒に未来へ向かって走り出そうと呼びかけた。共に手を取りあい、大きく手を振り、歌を交わすことが。「ラーララーラ」と声を張り上げ、彼らと心を溶け合わせているこのひとときが、とても愛おしかった。
最後は、心のわだかまりをすべて解き放つように、美しくロマンチックに三拍子ナンバー『Merry go land』をプレゼント。ここまで共に作り上げた熱狂を全部胸の内に仕舞い込むように、この歌は、今宵のライブの興奮と歓喜な想いを心の額縁の中へ飾ってくれた。

アンコールは、暴れきってナンボのメニューを用意。爆裂パーティロックな『666Hz』を通し、会場中を騒ぎ狂う祭の空間へNeverlandは一気に様変えた。熱した勢いへさらに興奮を降り注ぐように流れた『アグリマン』。誰もが感情を開放し、感覚を刺激する演奏に触発され踊り騒いでゆく。
「てめぇら超いい感じだぞ、最高だ!!」「この会場の何もかもぶっ壊す勢いでかかってこい!!」。身体中の火照りがおさまらない。いや、『憂鬱チェリー』に刺激され、誰もが全力で暴れていた。メンバーらの煽りに触発され延々と続くかに思えた逆ダイのやり取り。涼太はフロアへ降り、観客たちに揉みくちゃにされながらも煽り続けていた。凄まじい熱狂を心地好く開放するように、大勢の人たちが『ココロアンブレラ』に合わせ、大きく手を振り飛び跳ねながら、温かい歌の光を全身に浴びていた。

「俺らはこれからも当たり前のように歌い続けるし、お前らに当たり前に会いに行くから。お前らも俺らの当たり前でいてくれ。でも、それって当たり前じゃないから言ってるんだよ。当たり前のように何年先も一緒に笑い続けていれたら最高じゃね!?」(涼太)

人それぞれの中にある色とりどりの想い。それをすべてNeverlandの用意した額縁の中で自由に描いてくれと言うように、彼らは『ノンフィクション』を通し、真っ白な画用紙の上で一緒に楽しく想いを描きながら楽しもうと誘いをかけてきた。その誘いへ手振りしながら笑顔で想いを返していたファンたちの姿も、眩しかった。
最後の『jupiter』でも、Neverlandへ導かれるまま、共にこの空間で無邪気にはしゃげることへ誰もが幸せを感じて続けていた。そう思いたい笑顔の花がそこいら中に咲いていた。

Neverlandは、8月より全国ツアー「ヒーロー見参!!!!」をスタートさせる。10月30日には新宿BLAZEを舞台にNeverland主催ハロウィン・イベント「MONSTER PANIC FESTIVAL」を開催。12月には東名阪2部制ワンマンツアー「冬の移動式文化祭」も行う。今年後半の動きも、見逃さずにいて欲しい。

TEXT:長澤智典

RELEASE
2017年7月12日
NEW SINGLE『DeadMAN』
【初回限定-黒盤-】 2,000円(税別)
[CD]
1.DeadMAN 2.ノンフィクション
[DVD]
DeadMAN(MUSIC VIDEO)+Making

【初回限定-白盤-】 2,000円(税別)
[CD]
1.DeadMAN 2.ノンフィクション
[DVD]
マル秘映像集

【通常-灰盤-】 1,500円(税別)
[CD]
1.DeadMAN 2.ノンフィクション 3.Missing memory-Remix-

『DeadMAN』MV SPOT

DeadMAN OneMAN Show Tour 2017
『ヒーロー見参!!!!』

2017年8月19日(土) 水戸SONIC
2017年8月20日(日) 本八幡ROUTE14
2017年8月26日(土) 名古屋ハートランド
2017年8月29日(火) 神戸ART HOUSE
2017年8月30日(水) 心斎橋soma
2017年9月15日(金) 札幌Crazy Monkey
2017年9月16日(土) 札幌Crazy Monkey
2017年9月22日(金) 福岡DRUM SON
2017年9月24日(日) 広島セカンドクラッチ
2017年10月14日(土) 福島#9
2017年10月15日(日) 仙台BIRDLAND
2017年10月21日(土) 新潟CLUB RIVERST
2017年11月11日(土) 高田馬場AREA

全公演共通
開場18:00 開演18:30
前売3,500円

Neverlandファン大感謝祭2部制ワンマンツアー’17
~冬の移動式文化祭 in 東名阪~

【今年もやってきた!琥珀Birthday & クリスマス会~!】
■2017年12月18日(月)新宿Zirco Tokyo
[一部]
OPEN 17:00 / START 17:30
前売り¥3,000 / 当日¥3,500(ドリンク別)
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002234091P0030001
[二部]
OPEN 19:30 / START 20:00
前売り¥3,000 / 当日¥3,500(ドリンク別)
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002234094P0030001
プレゼント付きVIP通しチケット(前売りのみ)¥6,000(各部ドリンク別)
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002234088P0030001

[チケット]9/2~発売
e+
バンド予約なし

[出演]
Neverland

[問]Zirco Tokyo 03-6278-9190

【屋台あり!演し物あり!季節外れの夏祭り大会~!】
■2017年12月20日(水)HOLIDAY NEXT
[一部]
OPEN 17:00 / START 17:30
前売り¥3,000 / 当日¥3,500(ドリンク別)
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002234098P0030001
[二部]
OPEN 19:30 / START 20:00
前売り¥3,000 / 当日¥3,500(ドリンク別)
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002234099P0030001
プレゼント付きVIP通しチケット(前売りのみ)¥6,000(各部ドリンク別)
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002234096P0030001

[チケット]9/3~発売
e+
バンド予約なし

[出演]
Neverland

[問]HOLIDAY NEXT 052-249-2161

【パジャマ de カラオケ大忘年会~!】
■2017年12月21日(木)心斎橋VARON
[一部]
OPEN 17:00 / START 17:30
前売り¥3,000 / 当日¥3,500(ドリンク別)
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002234103P0030001
[二部]
OPEN 19:30 / START 20:00
前売り¥3,000 / 当日¥3,500(ドリンク別)
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002234104P0030001
プレゼント付きVIP通しチケット(前売りのみ)¥6,000(各部ドリンク別)
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002234101P0030001

[チケット]9/2~発売
e+
バンド予約なし

[出演]
Neverland

[問]VARON 06-6243-1400

■Planet CHILD Music(Sick2×Neverland)×ライカエジソン!コラボショッピングバック配布決定!!
期間中ライカエジソン全店でいずれかの商品をご購入の方に、Planet CHILD Music(Sick2×Neverland)
オリジナルショッピングバックにて商品をお渡し致します!!
※Sick2(片面)Neverland(片面)の2面仕様となります。
【配布店舗】
ライカエジソン東京店・原宿店・名古屋店・大阪店
【配布期間】
2017年8/1~8/31
※1回のお買い物につき、オリジナルショッピングバックを1枚差し上げます。
※商品を複数ご購入の際、ご希望の方はお買い上げ枚数に応じてオリジナルショッピングバックを複数枚差し上げます。
※商品の予約入金、ライブチケットは対象外となります。
※ショッピングバックのお取り置きは受付出来ません。また通信販売も対象外となりますので予めご了承ください。

Official Site
http://planet-child.jp/neverland/


関連記事

  1. レーベルNO.1のイケ麺を決めろ!!熱狂にまみれたStarwave Records誕生6周年記念イベ…

  2. d-girls、TSUTAYA O-EASTを舞台にワンマン公演「単独公演 1000人チャレンジ」に…

  3. 「ここが、夢のど真ん中」。Zepp Tokyoの舞台でコドモドラゴンが一つの夢を叶えた瞬間!

  4. Yeti、ツアーのファイナル公演を代官山ユニットで実施。興奮に身を浸してゆくこの感覚が、止まらぬルー…

  5. ギャロ、渋谷のライブハウス5ヶ所をサーキットするワンマン公演『SHIBUYA BLACK CIRCU…

  6. 「tkmk爆女祭」も5日目へ。激しく揺さぶる音叩きつけるバンドからアコースティックな編成まで。今宵は…

  7. 「叫べ!爆女祭 Vol.2」5日目!!CREAがダブルヘッダー!!バンドだソロユニットだなんて関係な…

  8. 「昨日よりも今日は笑顔になれたかな」。その言葉通りの熱狂をありがとう!!ViV、ワンマンライブを開催…

取材/掲載依頼はこちら

twitter
PAGE TOP