New

CANDY GO!GO!、7周年記念ワンマン公演をバンドを従え実施。アイドロックの神髄を見せるライブを披露!?


 2016年1月、CANDY GO!GO!は最強のメンバー居並ぶ7人編成の姿でメジャーへ進出。昨年12月には、自身の音楽スタイルを確立したアルバム『IDOROCK』を発売した。誰もが、現体制のまま突き進むと信じていた。が、今年に入り予想もしていなかった出来事が立て続けにCANDY GO!GO!へ襲いかかった。4月に宍戸桃子が、5月には活動初期からグループを支えてきた佐伯かなが相次いで卒業。それぞれ明確な理由があってとはいえ、2人が去ったことはCANDY GO!GO!に大きなダメージを与えていった。
それでも残った5人は、進むことをあきらめなかった。「オレンジ色(CANDY GO!GO!のカラー)に輝き続ける光」をステージへ灯し続けることが、卒業したメンバーや足を運ばなくなったファンたち、これから出逢う数多くの仲間たちも含め、たくさんの出会いと別れを交わした人たちとを繋ぐ場所になることを知っているからこそ、5人は「ボクは守り続ける ここでずっとずっと オレンジのヒカリを」と歌いかけてきた。

6月28日(水)、CANDY GO!GO!はメジャー第3弾となるシングル『CANDY』を発売する。グループ名をタイトルへ付けたように、この作品には「今と、これから」を示すメンバー5人の意志が詰め込まれている。先に触れたようこれまでも、これからも幾つもの出会いと別れを彼女たちは重ねていくだろう。だからこそ5人は、CANDY GO!GO!という帰る場所を、これからもずっと絶やすことなく育み続けてゆくと宣言してきた。

6月28日(水)、CANDY GO!GO!はメジャー第3弾となるシングル『CANDY』を発売する。グループ名をタイトル付けたように、この作品には「今と、これから」を示すメンバー5人の意志が詰め込まれている。先に触れたよう、これまでも、これからも幾つもの出会いと別れを重ねていくだろう。だからこそ5人は、CANDY GO!GO!という帰る場所を、これからもずっと絶やすことなく育み続けてゆくと宣言してきた。

今回は、CANDY GO!GO! 結成7周年記念公演「GIGS~7th ANNIVERSARY-BORDERLESS-」についてお届けしたい。

『CANDY』は、みんなが帰ってくれる心の拠り所となる歌。

――先に、改めて最新シングル『CANDY』についてのメンバーの想いから聴かせてください。
関根 5人という最小人数で戦うCANDY GO!GO!の勝負のシングル曲として捉えています。1曲1曲へ魂を込めたように、これからも大切に歌い続けていきたい歌たちになりました。
なぎさ これまでCANDY GO!GO!に一秒でも触れたことのある人は、かならず手にして欲しい作品です。中でも表題曲の『CANDY』には、「私たちはCANDY GO!GO!という場所をずっと守り続けるから、何時だって帰ってきて」という5人の願いが込められているように、一度離れてしまった人たちも、この『CANDY』が帰ってくる場所になれたら。みんなが光を求めて帰ってこれる心の拠り所になれたらなと思っています。
菜月 CANDY GO!GO!の持ついろんな表情を4つの面から見せることの出来た作品になりました。どの曲も、みんなに愛されていけたらなと思っています。
高城 全部好きな歌なんです。もちろん、捨て曲なんてCANDY GO!GO!には一切存在しないように、どれも良い曲ばかりだから、いろんな人に聞いてもらいたいです。

「君たちがやっているのは、オケがバンドに変わっただけ」。私たちは、「ヴォーカル5人と演奏陣という全員でCANDY GO!GO!」という意識で毎回バンドスタイルでもライブをしています。

――7月3日には新宿ReNYを舞台に、「GIGS~7th ANNIVERSARY-BORDERLESS-」と題した結成7周年記念ワンマン公演が開催になります。
なぎさ もちろん、昔から馴染みの歌も披露しますが、今回は新しい曲たちが中心のセットリストになります。
菜月 まさに、「これぞCANDY GO!GO!が提示するアイドロック」という曲たちが並びました。
関根 しかも、全編フルでバンド演奏を従えたライブになります。これまでもバンド付きのライブは多く重ねてきましたが、ワンマン公演で2時間フルバンドスタイルは今回が初。5人体制になり、フォーメーションや歌のパートも変わったように、この日が5人スタイルで初披露となる歌も出てくるよう、そこも注目して見てもらえたらなと思っています。
なぎさ 最近、アイドルのワンマン公演でもバンド演奏をバックに行う人たちが増えてますけど、正直「君たちがやっているのは、オケがバンドに変わっただけ」。私たちは「ヴォーカル5人と演奏陣という、全員でCANDY GO!GO!」という意識で毎回バンドスタイルでもライブをしています。そこの違いをしっかり見せつけますから。
関根 ずっと一緒に演り続けてるバンドメンバーたちのように、みんなとも気心知れてる関係だからこそね。7周年公演でワンマンは通算9回目。CANDY GO!GO!史上最小人数でのワンマンライブになりますが、一体化したパワーは史上最強です。この日は、昔から応援してくれてる人たちも、最近CANDY GO!GO!を好きになった人たちも、いろんな人たちが楽しめるライブになります。ぜひ、みなさん遊びに来てください。
なぎさ 今回のワンマンライブに関しては、「俺、最近の曲知らねぇし」とか関係なく、「いいから見に来い!!!!!」と言いたくなるライブです。とくに、最近のCANDY GO!GO!は知らないという古参の方々にこそ、「あなた方が知っているCANDY GO!GO!は、今こんなにも成長したんだよ」という姿を見せつけたい。とにかく、観に来た人たちすべての心を揺さぶるライブにしていきます!!
菜月 この5人で、最高のバンドライブを2時間たっぷりお届けすれば、最新シングル『CANDY』に収録した4曲もバンド演奏では初披露するように、そこもポイントにしながら、ぜひ楽しみにしていてください。
高城 ここ1-2年でバンド好きなファンの方も増えているように、そういう人たちにすごく喜んでもらえるライブになれば、アイドル好きな方々にも、バンド付きのライブの楽しさをたっぷり味わってもらえる良い機会になっていくと思います。何より「BORDERLESS」と名付けたように、いろんな垣根を壊し、CANDY GO!GO!がいろんな人たちの心を繋いでいきます。個人的にはこの日、『禁断relation〜ゲスLOVE〜』のときにいろんな奇声も発するかも知れません(笑)。
――CANDY GO!GO!も7周年。この日を境に8年目へ突入していくんですね。
磯野 7周年を記念したワンマンライブ。7周年って純粋にすごいと思うんですよ。小学校だって6年間なのに!(笑)。もちろん、もっと長く続けているアイドルさんもたくさんいると思うんですけど、たまには自画自賛することも必要だと思うんです。それに、これだけ続けてこれたのはお客さんがしっかり支えてきてくれたからで、それはわたしたちの誇りであり自信であるわけで。今、ライブに来てくれてる人だけでなく、昔来てくれてた人たちも今回のワンマンライブは絶対に見に来てほしいです。なんなら一回でもCANDY GO!GO!を見てくれた人にも来てもらいたい。バックバンドでのライブはCANDY GO!GO!の将来のあるべき姿だと思うんです。そこへ繋げていくためのライブであり、今までの集大成でもあり、「俺王道アイドルしか興味ないから~」とか「ロック好きじゃないんだよね~」とか思う人もいることはわかるんですけど、「見てから文句言ってぇ!」っていう話なんですよ。人って興味があってもなくても良いもの見たら「すごい」って思うし、「感動した」って感じると思うんです。人数が減ってもパワーは増えてるし、絶対に”良いもの”を見せられる自信があります。
関根 今、2-3年で活動を止めるグループが多い中、7年も活動出来るアイドルって少ないし、貴重じゃないですか。よく、どんな仕事も最低3年は続けろって言いますけど、私たちはもう7年以上CANDY GO!GO!の看板を守り続けています。もちろん、まだまだ止まる気はないように、気がついたら10周年を迎えてそうな気もするし。いや、最低でも55周年までは続けるから、まだ43周年も残っていますからね(笑)。
なぎさ 73歳までは続けますから(笑)

TEXT:長澤智典

「CANDY」ミュージックビデオ

【商品詳細】
ニューシングル 「CANDY」 2017年6月28日(水)発売
<TYPE-A> ¥1,204+税 TECI-564
1.CANDY 2.禁断relation 〜ゲスLOVE 3.Yes-Yes-Yes
<TYPE-B>¥1,204+税 TECI-565
1.CANDY 2.禁断relation 〜ゲスLOVE 3.ハピスマ

【ライブ情報】
7月3日 (月) 新宿ReNY「GIGS~7th ANNIVERSARY-BORDERLESS-」
[OPEN/START]18:20 / 19:00
[ADV/DOOR]¥3,500 / ¥4,000 (D代別途要)
[TICKET]e+ [INFO]新宿ReNY 03-5990-5561

【リンク先】
オフィシャルサイト http://one2one-agency.com/
レーベルサイト http://www.teichiku.co.jp/artist/candy-gogo/
CANDY GO!GO! twitter
https://twitter.com/candygo2010
関根ゆみ twitter
https://twitter.com/yumi_Candygogo
なぎさりん twitter
https://twitter.com/Rin_rorigao
菜月アイル twitter
https://twitter.com/aiaichan20
磯野未来 twitter
https://twitter.com/mikichi0223
高城しおり twitter
https://twitter.com/sioritakazy0


関連記事

  1. 17代目ミニスカポリス インタヴュー(前編)

  2. The Benjamin、情熱あふれる最新ミニアルバム『ブーゲンビリア』の収録歌を全曲解説!

  3. 結城ちか(17代目ミニスカポリス) インタヴュー

  4. 「あの頃のDASEINの未来」へ一緒に向かいましょう。まさにBACK TO THE FUTURE的な…

  5. 愛沢絢夏 インタヴューその記念日を大切にしながら、大胆に攻めていきますから。

  6. CANDY GO!GO! インタヴュー

  7. 17代目ミニスカポリス インタヴュー(後編)

  8. CANDY GO!GO! アルバム『IDOROCK』全曲解説インタヴュー

取材/掲載依頼はこちら

twitter