New

新田恵海ニューシングル『ROCKET HEART』4/19発売。みんなで一緒に未来の夢に向かってカウントダウン!!


 4月19日(水)に、前作から1年2ヶ月ぶり通算5枚目となるシングル『ROCKET HEART』を発売する声優の新田恵海。昨年は、パシフィコ横浜・国立大ホールと神戸国際ホールを舞台にワンマンライブも実施。他にも、アジア圏を中心に海外でもライブ経験を重ねてきた。
「寄り添うように」歌に想いを乗せて表現してゆくのが、新田恵海の「EMUSIC」のスタイル。最新シングル『ROCKET HEART』でも、そこは変わらない。ただ、これまでの彼女が歌を通し触れた人の背中を押していたとするなら、本作での新田恵海は「みんなを引っ張ってゆくからついて来て!!」と、ファンたちと一緒に未来へ進もうと先頭に立って呼びかけている。これも、ファンたちと触れ合う機会を重ねてきたことの現れ。彼女は、『ROCKET HEART』を作るにあたり、制作陣にこんな風に自分の意志を伝えてきた。少し長くなるが、本人の言葉を引用しよう。

 「昨年はいろんなところでライブを行う機会をいただけました。パシフィコ横浜や神戸国際ホールでのワンマンコンサートもありましたし、海外のイベントなどでも歌わせていただきました。そうやってファンのみなさんと一緒に作ってきた絆や、みなさんからいただいたパワーを何かの形にしたくて。何より「元気になってもらえるような曲、前向きな気持ちになってもらえる歌を作りたい」という想いを胸に、今回の制作がスタートしました。
 作曲を担当した菊田大介(Elements Garden)さんや作詞を担当してくださった畑 亜貴さんへ「応援してくれるみんなとのアンセム(応援歌)のような曲にしたいです」「一緒に歌える場所が欲しい」「未来へ進む力を乗せた歌にしたい」と伝えたところ、ファンのみんなと一緒に歌える楽曲を作ってくださいました。
 私自身が「がんばる人を応援する」というテーマを大切にしていることもあり、明るく前向きな歌は自分の持ち味の一つだと思っています。今回は「優しく背中を押す」よりも「背中で語る」と言いますか、「私はもっともっと前へ進んでいくよ、だからみんなも付いてきて」とみんなの手を引っ張っていくような楽曲になっています」(新田恵海)

一番私らしい想いをみんなに伝えたくて。

 今回は完全にノンタイアップ。その理由も大きいのだろう。新田恵海自身「一番私らしい想いをみんなに伝えたくて」と、今回の『ROCKET HEART』を制作している。
彼女は、明るくパワフルに弾けた開放的なポップチューン『ROCKET HEART』を通し、「一緒にいこうよ。みんなで新しい夢に向かってカウントダウンしようよ」と呼びかけいる。私ひとりだけじゃなく、みんなと一緒に夢を描いていきたいし、それがEMUSIC(新田恵海の音楽)だから、と力強く呼びかけている。それが、今の彼女が応援してくれる仲間たちと一緒に叶えたい一番の想い。

「影を感じる時でも自然と光の方向へ導かれるというか、そこを目指さずにいられない、夢を見ずにはいられないんです」(新田恵海) と語った『Shine』は、これまでの経験を糧にして光(夢)へ向かおうという内容。
「新しい日を迎えるというのは、昨日までの経験を積み重ねた自分になること。大きな変化はないかも知れないけど、昨日までの自分を連れたうえでの新しい自分になっているのは間違いないと思います」(新田恵海)と語るように、彼女は夜明け前の不安に揺れ動く気持ちを記した『暁』へ、間もなく射し込む朝陽と重ねるように未来を見据えてゆく強い意志も投影してきた。

『ROCKET HEART』も『Shine』も『暁』も、みんなと一緒にこれから育んでいきたい歌。

5thシングルに収録した『ROCKET HEART』『Shine』『暁(2017 rearrenge ver.)』どれもが、曲調や歌詞に描いた内容は異なれど、すべて前向きな想いを記した歌になっている。それが、今の新田恵海の意志。最後に、本人からのメッセージをお届けしよう。

「私の歌には、恰好つけた言葉も着飾った表現もありません。でも、それが触れた人たちの気持ちに寄り添う歌であれたらそんな嬉しいことはありません。とくに今回のシングル盤は、本当にありのままの新田恵海自身を映し出した曲たちばかりが並んだように、自分の想いが歌となって詰め込まれた作品になりました。中でも『ROCKET HEART』は、みんなの応援してくれる声や想いがあったからこそ生まれた曲。このロケットへはみんなも一緒に乗っているんだから、一緒に夢のその先を描いてもらいたいなと思っています。
誰だって一人では背負いきれないことっていろいろあれば、誰もがいろんなものを背負って生きていると思います。その荷物を背負って歩き続ける強さを持ってなきゃいけない。でも下ろせない重い荷物は、かならずしも苦痛なものではないんです。一緒にその荷物を背負ってくれる人や、傍にいて「一緒に頑張ろう」と言ってくれる人。そういう支えがエネルギーに変わるからこそ、私はそういう元気を、歌を通して届けたいなといつも思っています。
もちろん、ときには荷物を降ろし、降ろした荷物の隣に座りながら『暁』のように自分を見つめ直す時があってもいいと思う。そしてまたエネルギーを充填し、『ROCKET HEART』や『Shine』のような気持ちになって、荷物を背負いながら未来へ歩いていけたらそれがベストなんじゃないかなって。
私の中では、『ROCKET HEART』も『Shine』も『暁』も繋がりを持った歌たち。この作品には「今の私だからこそ歌える歌」「応援してくれるみんながいるから歌える歌」が詰まっています。ここまで私が描き続けてきたEMUSICを、変わらず一緒に描き続けてくれるみんながいるからこそ生まれたのが、この3曲。『ROCKET HEART』も『Shine』も『暁』も、みんなと一緒にこれから育てていきたいです。」(新田恵海)

TEXT:長澤智典

2017年4月19日Release
新田恵海
『ROCKET HEART』
新田恵海1年ぶりの最新シングルは、新たな“EMUSIC”への、アンセム・チューン!

[通常盤]
EMTN-10014
定価1,300円(tax out)

[生産限定盤]
EMTN-10015
価格1,900円(tax out)

◆収録内容
[CD]
1.ROCKET HEART
2.Shine
3.暁(2017 rearrange ver.)
4.ROCKET HEART -Instrumental-
[DVD](生産限定盤のみ)
ROCKET HEART Music Clip

◆解説
ライブを重ね、アーティストとしても成長を続ける新田恵海。

作詞:畑 亜貴、作曲:菊田大介(Elements Garden)の最新シングル「ROCKET HEART」は、未来へのパワーを託したアンセム・チューン。
カップリングには、2016年のライブのためにemitsun BANDのメンバーと書き下ろした2曲、「Shine」と「暁(2017 rearrange ver.)」を新録!

カップリング2曲を含む、全3曲収録シングル。

Sound produced by Elements Garden


関連記事

  1. MASK第一期メンバー、イベント「仮面舞踏会」の開催へ向けての想いを熱く語るコメントが到着!!一般チ…

  2. 「悲愴と破壊」をテーマに活動。「名古屋系スタイル」を系譜する新バンド、シュヴァルツカイン!!ついにそ…

  3. 運営委員会が解体し、どん底に陥ったアイグルグループ、3dots and more。今度は中心メンバー…

  4. HEROのJINが在籍、10年前にZEPP TOKYOを舞台に卒業(解散)したMASKが、10年後の…

  5. CANDY GO!GO!、熱狂に包まれたツアーファイナル公演地となった新宿ReNYで、嬉しい発表!!…

  6. 千聖、ソロデビュー20周年記念イベントを8月19日に開催。ゲストで登場する森重樹一(ZIGGY)と、…

  7. 仙台から東京へ!!。孤高のソロシンガー愛沢絢夏、シングル/主催イベント/ワンマンと、立て続けに大胆な…

  8. MisarukaとSynk;yet、さらにシュヴァルツカインも加えた合同シングル『Legend of…

取材/掲載依頼はこちら

twitter
PAGE TOP