New

Synk;yet、5月の東名阪ワンマンツアーを持って「無期限活動休止」を発表!!!!


バンドが前へ走り続ける中、つねに光と影は交錯し続けていく。メンバーらが未来へ向け眩しい光を放っていれば、その光に導かれたくさんの人が光の元へ集まりだす。光が強ければ強いほど、映し出す影も色濃くなっていく。それでも輝きが強ければ、その影さえ忘れさせてくれる。だが、光が勢いを失うほどに影は長く伸び、その存在を大きくしてゆく。

活動から約5年半。バンドの結成から数えたら約7年の歳月をSynk;yetは過ごしてきた。一時期は恵比寿リキッドルームで単独公演を行うまでに成長したが、リーダー栞-shiori-の病気療養によるライブ活動面での長期離脱。長年同じ意志を持って歩み続けてきたはずが、何時しか意識のすれ違いによるギタリスト俐乃-rino-の脱退。
栞-shiori-自身は今も裏からSynk;yetを支えてるとはいえ、Synk;yetがライブ活動を続けてゆくうえで大切な二つの光を舞台上から失ったことは…。Synk;yetがあるべき姿で居続けるうえで、その二つの光を埋める別の輝きを加えることは、とても難しかった。
5月より栞-shiori-の復帰公演も行われる。ただし、それは暫定的なもの。だからこそ彼らは、今回苦渋の決断を下した。それが、「2017年5月21日高田馬場AREAのONEMAN公演を持ちまして無期限活動休止します」という言葉だった。その理由やメンバーそれぞれの想いは、以下に記すコメントを読んで欲しい。

Synk;yetは、5月に「Synk;yet 無期限活動休止 LAST ONEMAN TOUR 『THE REQUIEM OF HOLY GLOW』」を東名阪を舞台に行う。現状、5月21日(日)高田馬場AREA公演がSynk;yetとしての活動の最後となる。

Synk;yetは「解散」ではなく「活動休止」と告げている。それは、メンバー自身が本当なら解散したくはないからだ。またふたたび、あの5人の姿でSynk;yetとして舞台上で輝くことを本気で望んでいる。ただ、その日が何時になるのか覆った影が暗すぎて今は見えないのも事実。
「また何時か」という言葉を今は希望の光として心に灯し続けながら、まずは現状最後となるSynk;yetの雄姿を、その瞼に、心の記憶に、しっかりと刻んで欲しい。

                        TEXT:長澤智典

――以下、コメントです――

Starwave Records 代表 甲斐究

大変急なお知らせで申し訳ございませんが、2017年5月21日高田馬場AREAのONEMAN公演を持ちまして無期限活動休止する事となりました。
今後のバンド活動についてミーティングを重ねた結果、それぞれの道について見つめ直す為、無期限活動休止という結論に至りました。
残り3ヶ月と限られておりますが、活動休止のその時まで全力で活動致しますので、変わらぬ御支援を宜しくお願い致します。

Vocal: 莉希-liki-

 Synk;yetの莉希です。まず初めに、いきなりの発表になってしまい本当に申し訳ございません。
1人メンバーが抜けたSynk;yetをこれから先どう動かして行くか、メンバーと話し合ったうえで無期限活動休止という形を取らざるを得なくなりました。
 5月21日に高田馬場AREAにて行われるワンマンライブを最後に無期限活動休止に入るのですが、始動して約5年と半年、こんなに長く活動が出来たのはメサイアの力に他なりません。だからこそ応援してくださった皆様にはこんな形で裏切る形となってしまい本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
ただやっぱりSynk;yetは自分やメンバーにとって、そしてメサイアにとってもかけがえのないものです。絶対に無くしてはならないものです。だから解散という形にはせず、無期限活動休止という形にしました。
 Synk;yetはこんな所で消えません。活動休止後はメンバーそれぞれ違う道を歩むことになるけれど、いつかそれぞれの道が繋がる時に同じメンバーでステージに戻ってきます。何年かかるかわからないですが、絶対に戻って来るのでみんなの記憶に、そして心に、ずっと残しておいて下さい。
残りの活動も全力で突き進む覚悟です。応援の程よろしくお願いいたします。

Guitar: 唯依葉-yuiha-

 加入して3年半、応援してくれるメサイア達や関係者、メンバー、各方面の方々の助けがあって大きな夢を追い続けることが出来ました。困難に直面してもそうした沢山の力添えがあって少しづつ前に、夢に向かっていけたことはこれからどんなに時が経っても決して忘れません。
 Synk;yetは2017年5月21日をもって無期限活動休止を迎えます。これは永遠の別れではありません。ぞれが前を向いて行けるように、この先の未来で同じステージという居場所で出逢える様にと願っての答えです。そして、その時が来るまで僕達は各々がそれぞれで進むべき道を歩んでいくこととなりました。
 無期限活動休止まで限りあるSynk;yetのライブにはなりますが、5月21日にこの音が切れるまで僕は全力でSynk;yetのギタリストとして感謝の気持ちと共にメサイア達の心や記憶に刻める様にギターを弾き続けます。また、今後ともメンバー各々が活動する際には暖かく見守って頂ければ幸いです。
 いつの日にか見た物語の続きを、信じ続けた夢の楽園でまた出逢えることを信じています。

Bass: 栞-shiori-

 このような結果になってしまい、応援してくれた関係者の皆様、事務所スタッフの方々そして何よりもメサイアの皆様には悲しい思い、そしてご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございません。
 このバンド自体が俺にとっての初めてのバンドであったし、初めて皇司-kouji-を誘った日から数えると7年ほどの月日が経ちます。手探りだらけ、失敗だらけ。かなり時間はかかったけども、とても愛情を込めたバンドでした。その分思い入れは人一倍あったと自負しています。
ただ、最後まで守ることが出来なくて、今思えばあの時こうしていればよかったなどと後悔ばかりが頭を過ぎってしまいます。
俺達は数ある選択肢の中から無期限活動休止の道を選びました。色々な意見はあると思いますが、メサイアのみんなも俺自身も5人じゃないと本当の意味でのSynk;yetではないと思う。けれど、去っていってしまった俐乃-rino-とは今同じステージには立てない。解決出来るのは時間だけだと思いました。
今後残ったメンバーはそれぞれの道に旅立っていくと思います。もしもう一度5つの道が交わった時、再び5人で音を出せる日が来るのを俺は願っています。それが何年後になるか分からないけど、メンバーやメサイア達のため、解散はしたくなかった。Synk;yetの生みの親としてみんなの居場所は永遠に守り続けたい。
このような可能性を残しているので、5月21日でSynk;yetは最後ではないです。しかし、しばらくの間メサイアのみんなとはお別れです。「Synk;yet栞-shiori-」とのお別れの日まで着いて来てほしいです。今まで沢山の愛情をくれて本当にありがとう。

Drums: 皇司-kouji-

いきなりこのような発表になってファンのみんなを悲しませてしまい本当にごめんなさい。メンバー4人と究社長で話し合い、僕たちSynk;yetは活動休止をすることとなりました。Synk;yetの活動を始めてから約5年半、究社長、音楽関係者、何よりファンのお陰でここまで活動することが出来ました。そのファンの期待を裏切る事になってしまって本当にごめんなさい。活動休止なんかしたくなかった。だけどどうしようもなかった。
僕は本当にドラムが大好きで、ドラムをやり始めた頃からずっとドラムの事しか考えてこなかった。そのくらいホントにドラムが好きでしょうがなかった。だからこそSynk;yetのドラマーとしてずっと叩いていたかったけど、やっぱり世の中甘くはないんだよね。活動休止をすると思うと心にぽっかり穴が開いた気分。
でも僕はSynk;yetのドラマーとして活動してきたことを後悔してるとか失敗したとか全く思っていません。この5年半で音楽以外の事も含めてたくさんの事を学ぶことが出来た。それは音楽を通して仲間が沢山出来たからからであって、自分一人の力では出来なかった事。本当に感謝しています。
Synk;yetは活動休止をするけど、解散ではありません。分からないけど、またいつか活動する時が来るかもしれないしその時はまたみんなの顔がみたいな。
あと残り3ヵ月ちょっとの短い期間だけど、悔いを残さないように本気で頑張るから、みんな最後まで応援よろしくお願いします。

Synk;yet Web
http://synkyet.com/pc/profile/
Synk;yet twitter
https://twitter.com/synkyet_info
Starwave RecordsWeb
http://www.starwaverecords.jp

★LIVE情報★

Synk;yet 無期限活動休止 LAST ONEMAN TOUR 『THE REQUIEM OF HOLY GLOW』

<ツアー日程>
2017年5月13日(土)心斎橋パラダイム
2017年5月14日(日)名古屋栄RAD
2017年5月21日(日)高田馬場AREA(活動休止公演)

他、ライブ情報

2017.2.15(水)名古屋R.A.D HALL
2017.2.16(木)名古屋R.A.D HALL
2017.2.20(月)HOLIDAY SHINJUKU
2017.2.25(土)HOLIDAY SHINJUKU
2017.3.10(金)高田馬場AREA
2017.3.18(土)HOLIDAY SHINJUKU
2017.4.1(土)神楽坂TRASH UP!
2017.4.6(木)仙台Space Zero
2017.4.7(金)新潟CLUB RIVERST
2017.4.16(日)浜松Force
2017.4.18(火)福岡graf
2017.4.20(木)心斎橋JUZA
2017.4.21(金)名古屋HOLIDAY NEXT
2017.4.28(金)新宿HOLIDAY
2017.5.4(木・祝)池袋BlackHole
2017.5.13(土)心斎橋paradigm
2017.5.14(日)名古屋栄R.A.D
2017.5.16(火)高田馬場AREA
2017.5.21(日)高田馬場AREA


関連記事

  1. Shusei’s Project、リーダーのShuseiと歌姫として参加した2人の声優、…

  2. 最新アルバム『IDOROCK』全曲メンバーレヴュー、第一弾ニュースでは『before dayligh…

  3. 産まれ変わってもあなた(Juliet)の側に居(痛)たい。Misarukaがワンマン公演を通して教え…

  4. Magistina Saga、「新たなる物語への系譜」を告げるアルバムを7月に発売。5月と6月に東京…

  5. The Benjamin、来年2月にアルバム『BEGIN』を発売!!。2月からは東名阪無料ワンマンも…

  6. 17代目ミニスカポリスのメンバーが「逮捕しちゃう」ポイントを紹介!!

  7. 春奈るなが開いた物語は、「二次元に恋する乙女がリア充してゆく、キラキラまぶしいダークファンタジー」。…

  8. READY TO KISS/SEY-LA/原宿物語/2o Love to Sweet Bulletが…

取材/掲載依頼はこちら

twitter
PAGE TOP