New

Smileberryが結成一周年ワンマンで新宿ReNYに描いた笑顔の景色。


_dsc1037
初ライブから1年後に当たる9月10日(土)、Smileberryは新宿ReNYを舞台に結成1周年を記念したワンマンライブ「Smileberry 1st Anniversary Oneman Tour Final 「SUPER SMILE」」を行った。1年前の同日にデビューの場として選んだのも、新宿ReNYだった。そのときは、イベントを彩るバンドの一つとして登場。今年3月にTSUTAYA O-WESTで初ワンマンライブを経験。1年間に及ぶ活動の成果は、目に見える形でしっかり場内に描き出されていた。

キラキラと光輝く舞台の中、演奏は明るく華やかに駆け出した。『One Story』が描き出したのは夢を描くことのワクワクとした感情。その意識とシンクロするように、早くも会場には未来を期待するたくさんの笑顔の花が咲いていた。一緒に未来を描きたいと想いを捧げるように…。場内に花開いたのは、数多くのハートの手のマーク。告白するように、Motokiは『小悪魔KISS ME』を歌いかけてきた。ドキドキ?!。その歌は、触れた人たちの心へ確かなときめきを与えてゆく。ムズムズするくらいに胸がワクワクしてきた。嬉しさの鼓動が思いきり走り出していた!!

 『キミが好き』。愛しい人へ、Smileberryを支え続けてくれる仲間たちへ離したくない想いを伝えるように、Motokiは『キミが好き』と真っ直ぐな気持ちで歌いかけてきた。会場中のSmiley’s(ファンたち)が、満面の笑顔でモンキーダンスに興じた『LUCKY DAY』。律の荒々しいギターサウンドを合図に、場内中の人たちが思いきり頭を振り乱してゆく『FLY AGAIN』。
 ギラギラとした熱い刺激を与えてゆく灼熱ポップナンバーの『Sun!Sun!Smile!!』では、誰もが頭上高く右手を振り上げ、太陽をつかむように全力で飛び跳ねてゆく。一転、Smileberry流ポップな煽りナンバー『Go My Way』では、ギラギラと輝き放つ演奏が、騒ぎたいエナジーを身体中に注ぎ込んでゆく。サビでタオル振りながら跳ね続けていたSmiley’sたちのアガる気持ちも納得だ。
胸をウキウキときめかす『君に届きますように』に合わせ、場内中にたくさんの手の花が咲きだした。無条件に無邪気になれる。それこそが最高の笑顔が生まれる源。「何時だって君の側にいたい」。舞台上も客席も、同じ「求める想い」を共有しながら、たくさんの花を咲かせてゆく。
「誰一人離さずに繋がっていたい。もっともっと大好きにさせてください。そして、みんながもっと俺たちのことが大好きになりますように。最高の笑顔を見せていこうぜ!!」。Motokiは、そう叫ばずにいられなかった。5人は『ワンダーワード』を通し、解けない強い絆を結び合いたかった。会場に生まれた無数のハートマークが、心を繋ぎ合わせた想いの証を確かに示していた。

「時代の流れって凄くあるんですよ。俺たちが始動した去年の今日、時代に逆行したバンドが現れたことを知らしめられた。そんな逆行しているバンドについて来てくれるSmiley’sは、本当にかけがえのない存在だと感じ続けています。歌で心を笑顔にしたい。ほんの小さな光でいい、俺たちの歌で一人一人の心に光を灯せるように走ってきました。これからもずっと、みんなの心に光を灯していきたいなと思っています」(Motoki)

Smileberryの歌を愛おしく想う人たちの胸へ染み込ませるように、Smileberryはミドルバラード『Milk Step』を響かせた。その歌と演奏は、触れた人の心をキュッと優しく抱きしめるように伝わってきた。続くバラードの『STRAWBERRY POTION』が、愛しい人へ優しく接吻(くちづけ)するように、甘い刺激と温かい優しさで心を蕩けさせてくれた。

終盤を彩ったのは、Smileberryの魅力の一つであるカバーナンバーたち。『NO MORE CRY』を通し会場中の人たちが気持ち一つにサビを歌えば、『ハレ晴レユカイ』でSmileberryは場内を弾けた学園祭ムードに彩ってゆく。ヘドバンや手繋ぎモッシュが炸裂、笑顔の花咲く空間へ、スリリングで刺激的な興奮を注入した『キューティーハニー』。どれも原曲の良さを活かしながらも、Smileberry色へ染め上げている。だから、誰もが素直に熱狂していたんだと思う。

「来てくれたみんなが何より大切です。何時か人は環境が変わってしまうけどさ、それでも合間を見つけて会いに来てくれたら、俺たちは笑顔にする。みんなの心を何時もよりも少し晴れさせてあげるからさ。何年経っても、俺たちの曲を通し思い出を積み上げながら笑顔を大事にして欲しい。俺たちがずっとずっとみんなの笑顔に、太陽になり続けるから」

 Motokiの言葉に続き最後を彩ったのが、Smileberryの始まりの歌『Smiley』。先の言葉を証明するように、『Smiley』がSmiley’sの心へたくさんの笑顔の種を植えつけてゆく。その種が、一人一人の心の中で芽吹いたなら、きっと笑顔を忘れることはないはず。少なくともSmileberryのライブに来たときは、その芽がしっかり笑顔の花を咲かせてくれる。そんな想いも胸に感じながら、熱した笑顔の空気に楽しく触れ続けていた。

アンコールでは、12月7日に発売が決まった最新シングル『サンタの正体』をいち早く披露。ロマンチックなフレイバーをまぶしたハートウォームな歌が、Smiley’sの心へ、だいぶ早いクリスマスプレゼントとして響いていた。きっと時期が近づくにつれ、この歌へ愛おしさが増していくのだろう。
「最高の笑顔でいくぞー!!」。最後は、SmileberryとSmiley’sたちを繋ぐ歌『We Are Smiley’s』。誰もがこの空間を最高の遊び場にしようと、大きく手を振り無邪気に跳ね続けていた。その楽しい笑顔が、もっともっとたくさんの人たちに連鎖してゆくように願いながら…。

この日のライブで幾つかの嬉しい発表が届けられた。Smileberryは、12月7日(水)に3rdシングル『サンタの正体』を発売する。この日のライブでも初披露。ワクワクときめくドリームを与えてゆくロマンチックな楽曲が、触れた人たちの心へ、どんな素敵な笑顔のプレゼントとして響いてゆくのか楽しみだ。
12月24日(土)には、「昼」に「Smileberryスペシャル企画!『スマベリサンタを探せ!?』」を原宿/渋谷界隈で行う。タイトル通り、メンバーがサンタクロースの恰好をして街で何かしらやらかすのだろうか??、とても気になるイベントだ。同日の「夜」には、渋谷REXを舞台に「『サンタの正体』購入者限定特別招待ワンマン公演!」も行われる。クリスマスイブの夜のライブだけに、どんな聖なる熱狂の一夜を届けてくれるのか、こちらも楽しみにしたい。

他にもSmileberryは、11月に二度目となる全国ワンマンツアー「Smileberry 2nd ONEMAN TOUR 笑顔を咲かせろ!We are Smiley’s!!」を開催する。11月21日は、ヴォーカルMotokiの。ツアーのファイナルとなる12月4日は、ベーシスト由奈の二部制によるバースデーライブになっている。中でも由奈のバースデーライブは、タイトルへ「概要:SE.MC.ENCORE全て無し!曲も時間も服装も由奈の当日の気分。」と記したように、どんな内容になるのかも楽しみだ。
年末に向け、笑顔を導く刺激的な展開を次々と投げかけてゆくSmileberry。その動向へ、熱い視線を注いでいただきたい。

PHOTO:NORI
TEXT:長澤智典

-セットリスト-
『One Story』
『小悪魔KISS ME』
『キミが好き』
『LUCKY DAY』
『FLY AGAIN』
『Sun!Sun!Smile!!』
『Go My Way』
『君に届きますように』
『ワンダーワード』
『Milk Step』
『STRAWBERRY POTION』
『NO MORE CRY』
『ハレ晴レユカイ』
『キューティーハニー』
『Smiley』
En.
『サンタの正体』
『We Are Smiley’s』
smileberry_santa

Smileberry Web
http://smileberry.jp/

★CD情報
3rd Single「サンタの正体」
2016年12月7日(水)3type Release!!

★EVENT情報★
今年の12/24(土)クリスマスイブはSmileberryと一日中楽しめる!全員無料参加可能★
【昼】原宿-渋谷周辺
Smileberryスペシャル企画!
『スマベリサンタを探せ!?』
【夜】渋谷REX
「サンタの正体」購入者限定特別招待ワンマン公演!
※内容等は後日お知らせさせていただきます。

★LIVE情報★
Smileberry 2nd ONEMAN TOUR
笑顔を咲かせろ!We are Smiley’s!!
■2016年11月18日(金)福岡DRUM SON
■2016年11月21日(月)心斎橋VARON※Motoki Birth Day
■2016年11月22日(火)名古屋ell.SIZE
■2016年11月24日(木)新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
■2016年12月02日(金)仙台HooK
■2016年12月04日(日)渋谷REX※由奈 Birth Day 二部制


関連記事

  1. ここは熱狂と絶叫が交錯する最上級のリゾート地!!CLØWDが手招きした楽園、君も最上級の笑顔を、ここ…

  2. Scarlet Valse、渋谷Club asiaを舞台にワンマン公演を開催。この熱狂の宴の中へ、次…

  3. 喉の治療に専念していた涼太も復活。Neverland、東京キネマ倶楽部で結成5周年を祝うワンマンを敢…

  4. 「お前らの抱えている悩みとか苦しみや悲しみを全部ぶつけてこい。僕らが全部食らってやるよ!!」。解散を…

  5. メンズアイドル業界に対する世間の偏見の目を俺たちが変えてやる。新世紀えぴっくすたぁネ申、あやぁの聖誕…

  6. Soanプロジェクト with 芥、単独公演の場を通し、メンバーShun(元DuelJewel)の誕…

  7. 「叫べ!爆女祭 Vol.2」6日目!!。素直に気持ちを解き放ち、叫び声を上げながらはしゃげばいい。そ…

  8. READY TO KISS、結成3周年記念ワンマンライブにて、二度目の香港単独公演を発表!

取材/掲載依頼はこちら

twitter